Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

2月8日◇8年ぶりのブラウンシュガー

 チャイニーズ・ニューイヤー元日明けの今日もジョグジャはまだまだ休日モード。このまま10日の日曜までが連休になってる人も多い。
 
 先日、久しぶりにキャサリンからメールが来た。彼女はドイツ人。私がジョグジャに来て間もない頃、彼女は留学生としてジョグジャに滞在していた。当時、バリからジョグジャに移って、そのライブハウスの多さとインディーズのバンドの多さに大喜びし、毎晩のようにライブハウスを渡り歩いていた私の一番のお気に入りバンドがブラウンシュガーだった。

b0090333_1822523.jpg ブラウンシュガー。その名からわかるとおり、ローリング・スローンズのコピーバンド。ボーカルは2人いて、一人はまさにミックをコピーしたような兄ちゃんで、もう一人はドレッドロックに割れたハスキーボイスの兄ちゃんだった。
(新生ブラウンシュガーの出したオリジナルアルバム)
 

b0090333_227722.jpg 学生時代からの癖で、私はローリングストーンズと見ると、正気を失いステージに駆け上がってしまう。最初にブラウンシュガーのライブを見たときも、こっちは一人でいるにもかかわらず、
「私がHonky Tonk Womanを歌う!」
と彼らのマイクを奪ったことから、結果彼らと仲良くなった。
 そしてキャサリンは、ハスキーボイスのドレッドロック、ボーカリストであるデニーのガールフレンドだったのだ。


 彼らと知り合ったのは2000年になるかならないかの頃なので、もう8年前の話。キャサリンはその後母国に帰り、私はバリとジョグジャ両方を行き来しながら、デニーたちミュージシャン数人が暮らす大きな一軒家で1年ほど同居生活をしていた。

 その後は私が同居生活から出て一人で暮らすようになり、デニーはブラウンシュガーをやめて実家のある西ジャワに帰り、キャサリンからのメールも途絶えた。そんな彼女が数年前にマレーシアのクアラルンプールで職を見つけたとメールをくれたことがあった。そして先日のメールで、
「Mid!(私はインドネシアの知人からはこう呼ばれている)今度ジョグジャへ行くの!8日はあいてる?」
 運良く私はジョグジャにいたし、何も予定がなかったので、8年ぶりにキャサリンに会えることになったのだった。さらに運良く、デニー脱退後もメンバー交代して続いているブラウンシュガーのライブが、ちょうど金曜日の夜にあった。週1回しか演ってないのに、それにぴったりでジョグジャに来られたキャサリンはなんてラッキーなんだろう。


b0090333_1832859.jpg そうして、私は5~6年ぶりでライブハウスへ出かけた。キャサリンとは現場で10時に待ち合わせた。
昔ブラウンシュガーが演ってたライブハウスはもうなくなってしまったので、今日の店で彼らを見るのは初めて。音があまりに悪いのでびっくりした。さらに昔のメンバーでいるのはギターのイイス一人で、あとはまったく違うメンバー。ブラウンシュガーと言っときながら、曲はレゲエ。
 それでも私はキャサリンとの待ち合わせがあるので、1ステージ目は一人でビールを飲みながら聞き過ごした。途中で私に気づいたイイスが舞台の合間にテーブルへ来た。なんたって8年ぶりだからお互いに懐かしい。彼にとっても、昔の常連はいなくなってるだろうから、私を見ればブラウンシュガー全盛期を思い出すのだろう。ひとしきり昔の仲間の近況を互いに知ってるだけ教えあってるところへキャサリンがやってきた。こっちも8年ぶり。


b0090333_1834736.jpg 年をとると、昔の知り合いってものに対する想いが、若いときとは違ってるような気がする。自分の若かりし日の楽しかった時間を共有した仲間って感じなのかな。古いけど、かまやつひろしの『我がよき友よ』的なノスタルジアか。
 なんとキャサリンはマレーシアとインドネシアという距離がありながらも、デニーとはいまも付き合っていた。その年月なんと11年!スゴイ。インドネシア、特にバリにはたっくさんの日本人女性&バリ男性カップルがいて、みなさんそれぞれにいろんな問題を抱えながら結婚したり、離婚したり、互いの事情で結ばれなかったりしている。私もいろんなケースを見てきたけれど、結婚しないで11年間、遠距離でがんばってる彼らのようなケースはかつて知らない。

b0090333_1841081.jpg 私には、彼らがどうするのがベストなのかはわからないけれど、本当に本当に、幸せになってほしいな~~~と思った。人の心配してる場合じゃないんだけど、それでも彼ら二人ともを知ってるだけに、二人にとって最善の道が、ピカーーーーッと彼らの目前に輝いたらいいねぇ~と心から思った。
 翌日、キャサリンはデニーの実家があるタシックへ電車で出発した。互いの将来について、真剣に語り合い、2日後にはまたマレーシアへ戻ると言っていた。がんばれ、キャサリン!
 
by midoriart | 2008-02-08 23:58 | Yogyakarta