Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

1月28日◇ジョグジャ・ビエンナーレ終幕ライブ

 今回ジョグジャに戻ってきて、ギリギリ「ジョグジャカルタ・ビエンナーレ」に間に合った。今回で9回目となるジョグジャのビエンナーレは、毎回必ずいろんな問題が起こって、企画したキュレーターもアーティストもどこかしこで友達をなくすというイベントになっている。
 今年のビエンナーレは、ちょうど私の帰国に重なっていたので、内情をリアルタイムで知ることはできなかったけれど、噂好きの私のところには、黙っていてもいろんな話が入ってくるからおもしろい。今年の一番の問題は、お金欲しさにキュレーターが「売れる」作品を作っているアーティストばかりを選考し、挙句の果てにはビエンナーレ出品作品をオークションにかけてコレクターに売り、何パーセントかを自分たちで分けようって話にまで発展してたそうで、結局そのアイデアは参加作家サイドからも大ブーイングだったために流れたらしい。

 そんなお騒がせビエンナーレも今日で幕を閉じた。
 最近のジョグジャ・アート・シーンは音楽と抱き合わせのイベントが多い。アーティスト自身がバンドを持っているというケースも若手にはたくさんあって、自分の展覧会のオープニングに自分のバンドが演奏することもよくある。中には、作品の質の悪さを無理やり音楽で隠してるんじゃないかと思われるような場合すらある。
 
 とまれ、今日はビエンナーレの閉幕式。3会場を使ったビエンナーレの幕を閉じるライブは、ジョグジャの国立芸術院(ISI)の旧校舎、今は改装してジョグジャ・ナショナル・ミュージアムとなったその場所の広場で行われた。ここは今年4月、日イ国交樹立50周年記念の事業として、国際交流基金が開催する『KITA!』展の会場にもなる場所だ。私はその事業に現地スタッフとして関わっているので、そっちの視点からも、今日の閉幕式には興味があった。


b0090333_20575065.jpg 始まりは午後3時とあったけれど、私が着いたのは午後8時過ぎ。てっきり、もう来てる人の大半が泥酔状態かと想像してたけれど、意外にもまだあまり盛り上がってない様子。敷地中央にある大きな菩提樹の木の下に3つのテント型ステージが設置され、バンドの演奏が始まっている。

b0090333_205863.jpg 日本でもそうかもしれないが、ジョグジャの展覧会というのは、日ごろ会えない友達に一気にまとめて会える機会、そして噂収集できる場でもある。特に私は今回3ヶ月のブランクを空けての公の場だったので、懐かしい人がたくさん。中でもかなり久しぶりにあったのがリカ。こうしてみると日本人にもみえる彼女は中華系インドネシア人。数年前には私の家に半年ほど居候していたテキスタイル系の作家。


b0090333_20582116.jpg そうこうしているうちに、ジョグジャの芸術院出身者(現役もいる)で作っているバンドの登場。インドネシアの大衆音楽ダンドゥットを彼らなりにアレンジしたオリジナルの曲は、芸大生ほかジョグジャのアーティストに絶大な人気。このあたりになると、ようやくステージ前に出て踊り出す輩も出てきた。私は久しぶりのジョグジャの空気に触れ、すでにビール大瓶3本目に突入。


b0090333_20583584.jpg どんどんライブは佳境にはいり、カメラを持つ私の手もブレる。
 踊りながら、ふと気づけば、今日はインドネシアで2代目の大統領、思い切り独裁政治で長らく政治の表舞台に君臨していたスハルトのお葬式。今頃、インドネシアを思うがままに操ってきたあの独裁者の亡骸は、ジョグジャの隣町ソロへ運ばれているだろう。そんなことお構いなしに、私の目の前ではジョグジャの若きアーティストたちが、群れになって踊り興じている。すごいコントラスト。そういえば、ほんのちょっと前には秋篠宮夫妻がジョグジャを訪問していたんだっけ。秋篠宮夫妻が帰国したと同時にスハルト昇天ってことか。これも不思議なタイミング。


b0090333_20585357.jpg 12時もとっくに回っているのに、ジョグジャ・ミュージアムの広場にはまだたくさんの酔っ払いが残って、今日びジョグジャで流行のDJの回す音にあわせて身体を動かしている。老体は明日が怖いので、ここらで引き上げることにした。

 駐車場に向かう途中、敷地内の集会所を使ったティタルビー(Titarubi、インドネシアの有名なアーティストAgus Swageの妻。シンガポールビエンナーレには夫婦で共同作品を出品)の作品を見た。3日前、昼間に見たときには照明がOFFだったのでわからなかったけれど、なるほど、夜はキレイだった。これらも明日にはすべて撤去される。
by midoriart | 2008-01-28 23:55 | Yogyakarta