Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

8月25日◆名古屋メシでお別れ会

 九州大学後小路さんのご一行様帰国の朝。
 18日から今日まで1週間のアテンド中、バンドンとジャカルタでは同じホテルに泊まりながらも一度も朝食を一緒にすることがなかった。というのも、後小路教授は朝6時半から起きて宿泊先周辺を散歩するのだ。そして出発時間の1時間前には朝食をとり、いったん部屋に戻って歯磨きする時間もしっかり計算に入っている。
 私はといえば、出発時間から朝の準備(シャワー&化粧)に20分、朝食時間に20分を引いて起床したいタイプなので、どうしたってご一行様と朝食タイムが重ならない。けれど、せめて最後の朝食くらいは皆さんと・・・と思い、ジャカルタまで同行してくれたササンと一緒にがんばって早起きして最後の晩餐ならぬ朝食。


 ホテルでご一行様のお見送りを済ませ、向かえにあるショッピングセンターへササンと散策しに行くことにした。ホテルの外で色とりどりの花輪発見。来春、国際交流基金の企画で日本人アーティスト約15ユニットによる大アートイベントが予定されていて、私は現地コーディネーターとしての役を仰せつかった。

b0090333_333165.jpg 参加作家の一組は大阪在住、淀川のゴミから作品を作って注目されるようになった「淀川テクニック」。韓国は光州で去年開催されたビエンナーレに出品した彼らの作品には、韓国の川のゴミで作った大きな花輪もあった。私の出身地名古屋ではパチンコ屋の開店にかかせない派手な花輪。

b0090333_334930.jpg そんな花輪が今日ホテルである結婚式なのか記念パーティなのか、そのためにたくさん並んでいたのだ。ついこの間、現地リサーチでジョグジャを訪ねた「淀テク」の柴田君のことを思い出し、いつくかの花輪を撮影。来春はこんな花輪を「淀テク」がジョグジャの川のゴミから作ってくれるのだろうか。


 お役目の終わったササンは午後からバンドンへ帰っていった。私はもう一泊ジャカルタ。
 もう4年前になる。当時ジョグジャカルタのガジャマダ大学で学生をしていた私の友人は、2年の学生生活を経てジャカルタにある日本大使館での勤務が始まった。若いのにバリバリに仕事をするやり手の女性と有名な彼女(おそらく本人は名前を書かれるのがイヤだろうからふせておく)は、学生時代(大使館員としての学生生活)から多くの貴重な交流事業を企画し、私もその企画に参加して美術展などをキュレーションする機会を与えてもらった。


 そんな彼女がインドネシア勤務5年を終えて、この9月に霞ヶ関に戻ることになったのだ。彼女は生まれて初めて私が出会った外務省の人であり、私がずっともっていた(ゴメンナサイ!)「頭の硬い、センスの悪いお役人様のイメージ」を100%崩してくれた人でもある。今までジャカルタに行くと、彼女のアパートメント(言っとくが日本のアパートとはぜんぜん違う。中にフィットネスもプールもある)に泊めてもらったこともなんどもある。


 今回はちょうど安部総理来イで大忙しだった時期のちょっと後と、私がジャカルタで仕事を終える時期が重なったので、ここで彼女のお別れ会をすることになったのだ。以前から彼女が気にしていた名古屋メシの「味噌カツ」と「小倉トースト」を私バージョンで披露することに。


b0090333_341127.jpg 今回は食べやすくするために本来は豚のところ、鶏を小さめに揚げてみた。思い切り味が濃いので、緩和剤としての野菜は多め。


b0090333_342887.jpg 今日の参加メンバーは大使館時代の彼女のパートナーであるKさん、国際交流基金のTさん、ジャカルタで役者をしているSさんと、彼の古い知人でバンドン在住の日本女性。みんなで記念撮影するつもりが、雇われ女将の私も、家主の彼女も台所で忙しかったので、写真に写ってる人たちはゲストの方々のみ。


 途中、そうめんタイムをはさんで、最後の締めは小倉トースト。名古屋では喫茶店のモーニングでも厚切りのトーストにたっぷりバターを塗って、その上に小倉というのは別に珍しいものではないが、これを食べたことのない人が今日の参加者にも2人いた。味噌カツにいたっては多治見出身のTさん以外、みなさん初めて食べた味だったらしい。
 

b0090333_34466.jpg 今日は私のテキトー・バリエーション。一つ目はトーストに小倉とクリームチーズをのせ、まるごとオーブンで焼いたもの。


b0090333_35577.jpg もうひとつは、話の途中で話題になった「イチゴ大福」(これも発祥は名古屋と聞いた)を思い出したので、トーストしておいてそこへ小倉とイチゴをのせてみた。こっちは皆さん、味噌カツほど恐々食べてる様子はなかったけれど、32年生きてきて初めて味噌カツと小倉トーストを食べたKさんは、小倉に関しては、もう二度と食べたくないような顔つきだった。


  とまれ、今日の主役は名を明かさない大使館員の彼女なわけで、彼女が喜んでくれたことが私には一番だった。毎日ハードワークで大変な外務省関係の皆さんも、今日は土曜なので安心して夜更かし。最後には近々インドネシアを去る彼女のDVDや本コレクションをみんなで分け、解散したのは午前2時半だった。
by midoriart | 2007-08-25 22:57 | Jakarta