Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

7月15日◇急ぎ足バリツアー

 毎年一度、バリで飾り布を注文、購入して犬山にある野外民族博物館リトルワールドへ送っている。リトルワールドには野外展示としてバリ島貴族の家が展示されているのだ。私が毎年バリでコーディネートして発送した飾り布は、夏休みの時期に新しいものと取り替えられる(だからキレイな状態の展示を見たければ、8月末~9月頭がオススメ!!!)。

 今年は日本から電話で注文、そして最終確認のためにバリ島へ飛んだ。2月ぶりのバリ。
私のバリ島行きのタイミングに合わせ、今年はリトルワールドの学芸員Mさんも一緒にバリ島へいらっしゃることになった。そして新たな資料収集もすることに。


b0090333_23461622.jpg 今までにガルーダインドネシア航空で貯めたマイレージを使い果たしてしまったので、今回は久しぶりのエコノミー。老体で一度ビジネスクラスを知ってしまうと、なんだかエコノミーがとってもショボく感じてしまうからいけない。
 がしかし!今回はなんとオーバーブッキングが出たために、私はビジネスクラスへ席を移してもらえる事に!らっき~~~♪ 和菓子もある!寿司もある!


b0090333_23481347.jpg 左上の謎の黒い液体は味噌汁。最初は味噌球になっていたので、チョコムースかと思っていたら、突如おねえちゃんが熱湯を注ぎ、味噌汁と判明。ちょっと不思議なインドネシア風味味噌汁であった。


b0090333_23492046.jpg リトルワールドのMさんとは到着後空港で別れた。私がMさんをアテンドするのは後日2日間で、Mさんは初めてのインドネシアをしっかり見るべく、私がオススメしたジョグジャカルタの遺跡も見て回られるという。
 いつもどおり、UBUDにいる私のバリの家族が迎えにきてくれて、車は1時間かけてバリの我が家に到着。私の木彫り師匠で今ではバリの兄貴マデ・サナ宅に私の部屋がある。ここで待っててくれたのが、マデ兄貴の娘エリパニとその家族。


b0090333_23515329.jpg 私がバリに入って何にほっとするかって、この家族に会うこと。そして預けてある私の愛猿スギトに会うこと。彼らの顔を見て、バリの風に当たれば、あっという間に身体がバリに馴染む。マデ兄貴の嫁ムプは私の好物をちゃんと覚えているから、台所のおかずは全部大好きなものばかり。
 これは鶏肉のグリルをほぐし、ヤシ油、青唐辛子、ライムをしぼって和えたもの。かなり辛いけど、さっぱり系。一度食べるとやめられない。


b0090333_23542161.jpg こっちはテンペの甘煮と、ハヤトウリの炒め物。これも私の大好物。う~ん飯がすすむ・・・。ひとときダイエットは忘れるとしよう。

 今回はMさんのアテンドもあり、のんびりはできない。もっとゆっくりバリで時間を過ごしたいのだけれど、こうしている今、すでにバンドン出身のアーティスト友達が東京入りし、24日から始まる個展の準備中。オープニングにはなんとしても出席してあげたい。そんなわけで早足のバリになり、なのに日帰りでジョグジャへも行こうとしている今回の旅。
 いや~、でもホント、バリに戻るとほっとする。やっぱりここは第2のふるさとだ。
by midoriart | 2010-07-15 23:42 | Bali