Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

<   2007年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 とうとう帰る日が来た。作品を送ってしまったので、キンチョー感はさほどではないけれど、気は抜けない。とくに今回はインドネシアで暮らし始めてから初めて、3ヶ月近くも帰省する。こんなに長らく家を空けたことがないので、日本へ帰ってからのことよりも、こっちの留守中のことの方がずっと気になる。
 とはいえ、ここ数ヶ月、私には頼もしい助っ人ができた。ニンおばさん。おばさんってったって、おそらく私より若いのだけれど、むこうは三人も子供をもつ一家の大黒柱のような人だから、私は尊敬をこめて「ニンおばさん」と呼んでいる。彼女がイスラム教徒には珍しく大の犬好き(おそらくすべての動物好き)なので、デカクて吼えまくるティルム(うちの犬)とも相性がムチャいい。留守中にはニンおばさんがティルムとモジャのご飯の世話を毎日してくれるのだ。さらに庭の植木に水までやってくれるから、もう、感謝感謝。

 昨日から冷蔵庫には何も入っていない。中途半端に買っても材料が残ってしまうので、最後の2日は外食と決めていた。最後の2食はジョグジャの美味しいものを食べようという案。ところが、いざ考えると、ぱっと食べたいものが浮かばないのだ。
 そんなにジョグジャって、美味しいものがないのか???

b0090333_1794593.jpg 結局浮かんだのは「midori」。この店、ホントに名前が「midori」なのだ。小さな専門学校の向かえにある、学生向きの小さな店。最初は名前につられて入ってみた。なんでmidoriとつけたのかが知りたかった。学食メニューのような品揃えと値段のこの店には、白髪で腹の出た、でも顔つきはなんだかとても上品なオッちゃんがいた。
(店内のメニューにもちゃんと「midori」とある)

 最後に
「ね~、私もmidoriなんだけど、ディスカウントしてよ」
と、ホントに身分証明書まで見せて説明した。オッちゃんは喜んで、昔好きだった日本人の名前がmidoriだったことを話してくれたけれど、まけてはくれなかった。その代わり、その日以来私が行くと、やたら大盛にしてくれるようになった。


b0090333_17102375.jpg ここでは私の定番がある。「いつもの」と注文すれば出てくるのがオポール・アヤムとエス・ダウェット。鶏肉をココナツで煮込んだジャワ料理と、ココナツミルクに椰子砂糖で甘味をつけ、中に寒天のようなものを入れた飲み物。こっちもジャワの定番。
 ここしばらく家で料理してたので、なかなかこの店にも寄れなかったので、よかった。

b0090333_17113111.jpg

(大好物のデザート、ダウェット)



 そして今日は本当に最後のランチタイム。あと3時間もしたら今使っているこのパソコンも荷造りして、空港へ向かう。最後の最後に何かな~と考えつつ、犬のご飯も買わなければならなかったので通りを車で走っていて思いだしたのが餃子。

b0090333_17103956.jpg 別に日本に帰れば母メイドの美味しい餃子が食べられるのだけれど、この店はなんといってもココナツ・ジュースがむちゃ美味しいのだ。それと日本でいうバリそば。カリッと揚げたソバに、カニのあんかけが載ってるタミ・クピティンが私のお気に入り。この店にもかなり久しぶりに来た。


b0090333_17105923.jpg 最後にはダイエットも気にせずにガバっと食べたくて、そばも餃子もいただき。イスラム圏らしく、ここの餃子は鶏肉&白菜。皮が分厚いのが今ひとつだけれど、ジョグジャで味わえる数少ない餃子に文句は言えない。


 いつもジョグジャからバリ島のデンパサールを経由して、日本へ帰る。トランジットに時間があるときは、UBUDの家族のもとへ寄ってから帰国できたのだけれど、ここ3回ほどは乗り継ぎがぴったりのフライトスケジュールになっている。ジョグジャを午後9時に出て、飛行機で1時間、バリに着く。バリとジョグジャは時差1時間なので、バリ到着はすでに11時10分。そして国内線から国際線へ走り、00時35分発の大阪行きに乗る。
 トランジットは1時間。とはいえ、ジョグジャからの便の場合、いったん到着口を出て、けっこう広いバリの空港敷地内で、国際線まで行くのはめんどくさい。さらに私の場合、インドネシアを出る時にはインドネシアに金を払わなければならない。空港税じゃない。長期滞在ビザをもってる人間(インドネシア国籍の人を含む、またここに戻ってくる人間)に対しては、FISCALという(今英語の辞書で見たら「国庫、国庫収入」とあった)100万ルピアの支払いが義務付けられているのだ。100万、日本円で13,000円弱。これを支払わされる。だからトランジット1時間ってったって、のほほんと免税店見てる時間はない。

 こんなことを考えていると、すでに小心者の私の心臓はバクバク脈打ち始める。さらにあの機内の寒さも私の大敵。マスクも、防止も、マフラーも準備完了。今から忘れ物ないかチェックして、最後に犬たちとしっかり遊んで出かけるとしよう。明日の朝には日本だ。
by midoriart | 2007-10-27 17:12 | Yogyakarta
 なんでこの帰国前の忙しい時期にバリへ行っていたかというと、ちっちゃなバイトだったのだ。2泊2日の駆け足で小学校の同級生、H君の仕事を手伝ってきた。彼が日本からオーダーしたアタ小物のクオリティーチェックとカーゴ発送をして、バリの家族とちょっとだけ団欒して、旧友のN翁とビリーのブートキャンプで汗流して、そのままとっととジョグジャに戻ってきた。

b0090333_2316523.jpg  H君が今回仕入れたのは大量のアタ小物。バリのトゥンガナン村、東隣のロンボク島でたくさん作られている工芸品で、ゴミ箱、ティッシュケース、ランチョンマットから大きな籠やバッグなどがこのアタ(ATE)という名のツタで作られている。

 なにせ1アイテムで300個なんていう単位なので、数確認するだけでも時間がかかった。ジョグジャにいてバリの仕事を手伝うのは結構大変なのだけれど、今回はバリの家族の住んでいる町の隣にある店が見つかったので、時々サナ兄貴がチェックに行ってくれて助かった。


b0090333_23174028.jpg  同じ町内にあったカーゴ屋も、オーナーがなんとサナ兄貴の小学校の先輩。支払いの時になって、オーナーがジョグジャの大学で学び、ジョグジャの嫁をもらったこともわかり、急に親しくなってしまった。おかげでかなり安く料金設定してくれた。しかし、知人だからといって1キロあたり50USDもまけてくれれるってことは、最初の料金でどんだけ儲けてるんだ?という大きな疑問もアリ。

b0090333_23182926.jpg  わずかな時間ではあったけれど、1ヶ月半ぶりのバリの家族のもとでも少しくつろげた。三男サヌが飼ってる犬が出産して、こんなかわいい子犬がいた。5匹生まれて3匹はすでにもらい手がついたらしい。うちの家族はみんな動物好きなので犬も猫も鶏も鳥もいる。さらに私がバリ時代から一緒に暮らしていた愛猿スギトもまだ健在でこの家に暮らしている。


 とっととジョグジャに戻って昨日までは夜を徹して制作。とにかく今日までになんとしても作品を完成させて日本へ送っておく!と決めていたので、ジョグジャより先にはじまったバリの雨季で鼻ッ風邪をひきながらも、なんとか仕上げて梱包することができた。
 今日は送るぞ~!と気合入れてカレンダー見たら「仏滅」・・・。年寄りな私は、母の影響もあり最近は暦が気になる。とはいえ、それで大事な作品の到着が遅れちゃ~どうもこうもない。4つにまとめた作品を空港近くにあるFedExへ運んだ。
 

b0090333_23193374.jpg  今回の交換プロジェクトに使った陶製のオブジェ、交換してもらった品物など合計で40キロ。FedExは高いというイメージがあるけれど、20キロを越すと急にお得感が増す。さらに支店ごとに自由に割引サービスしてもいいらしく、正規料金表には1キロ当たり20ドルとあったところ、8ドルで計算してくれたのでしめて320ドル。
 郵便局のEMS便と変わらないか、こっちの方が安いくらいだ。これからは重くなったらFedExを使うと決めた。


 荷物を送ってしまったらホッとした。いつもはこういう気の緩みで体調を悪くするからいけない、いけない。ここで最後まで気を引き締めていないと。27日の夜にジョグジャからデンパサール空港へ移動、そのまま関空へ向かう。寒くなっている日本で、まずは身体を寒さに慣らして、最終の制作は実家のスタジオで。近々個展の案内もこの場でできるだろう。
by midoriart | 2007-10-24 23:10 | Bali
 12日から始まったイスラム休暇はまだまだいろんな場所でその色を残し、馴染みの屋台もまだ閉まったまま。今回のレバラン(断食明け休暇)は私にとっては大教訓だった。インドネシア国内であれば、断食月の1ヶ月と、その後にやってくるレバランの長期休暇(約2週間)には、重要なイベントはまず開催されない。もちろん、レバランに関わる宗教行事は別だけれど、美術関係のイベントなどは予定されない。
 今回は日本での展覧会だったために、私もす~~~っかり、このレバラン休暇を計算に入れることを忘れていた。これは大失敗だった。帰国前にすべての作品を送ってしまわなければいけない追い込みのこの時期、画材屋も材木屋もペンキ屋も金具屋も開いていないのだ。思い切り悲しい。

 なすすべなく、1日は諦めてイスラム教徒の知人宅へ行って、レバラン料理(日本でいうところのオセチ料理)をご馳走になって気を落ち着けてみたものの、制作が進んでいないというのは思い切りプレッシャーになる。かといって店が開いてないんだから進まない。そんなとき、先日フレームを注文した未亡人のオバちゃんを思い出した。彼女はそのフレーム屋の裏で暮らしているから、おそらくレバランといってもどこかに帰省するわけではない。彼女さえ店に入れば、とりあえず工具も木工用ボンドも借りられるのでは?


b0090333_1117786.jpg 早速彼女に電話をしてみた。
「なによ、電動サンダーが使いたいの?ここにいらっしゃいよ。職人たちはみんな帰省してるけど、私はずっといるわよ。休みがなにさ、私は店も開けてるわよ」
(黙々と仕事をする母ちゃん)


 まだ街中が休暇モードばりばりの14日、私は自分で作った木製の箱を持って彼女の店に向かった。ジョグジャの街のど真ん中、有名大学ガジャマダのすぐ近くに彼女の店はある。普段だったら車と人の行き来が激しい大通りの交差点だというのに、まだし~んとしている。

b0090333_11172545.jpg 女一人、店の木扉を半分だけ開け、彼女は黙々と額の木枠を切っていた。私はこういう人の姿が大好きだ。この環境で一緒に仕事ができる!まずは電動工具や木工ボンド、パテなど、私が今一番必要としているモノがすべて揃っている状況を見てホッと一息。
(注文で多いのはポスターの額装)


b0090333_11174662.jpg こうして今年のレバラン休暇は彼女のフレーム屋で朝から晩まで、まるまる3日間を過ごすことになった。一日目は彼女と二人きりで日が暮れるまで仕事して、翌日には職人の一人が休暇から戻ってきた。そしてその翌日はようやくパテ埋め、ヤスリがけの終わった私の木箱に、この職人が塗装をしてくれた。エアブラシもここなら揃っているから助かる。

 このフレーム屋の未亡人、まだ35歳。中学1年を筆頭に3人の子供を抱え、住む家もなく、このフレーム屋のあばら家に暮らしている。3日間一緒に仕事をしながら、彼女がいろいろ話してくれた。

b0090333_1118819.jpg このエリアはフレーム屋が集中していることで有名で、31の店が並んでいる。彼女は長老ですでにここで15年フレーム屋を続けているけれど、安かろう悪かろうフレームを作るのがイヤで、質のいい木、質のいい塗装を心がけているために、一番儲からないという。
(イスラム教関係の装飾額も売れ線らしい)

「でもね、私はいいのよ。いいものを作ってるっていう自信はあるし、今までにも日本人やマレーシア人がこの店を選んでくれたから」
カッコいい。儲けではなく、自分の納得のいく仕事をする。まるで日本の職人魂!
さらに居候的に自分の仕事をしている私に気を使って、物売りが通るとスイカやパイナップルを買ってくれる。


こうして今日17日、11個の木箱が完成した。自分で作って持っていった箱とはいえ、3日間私は場所を借り、道具を使い、職人には塗装まで手伝ってもらったので、お礼にわずかなお金を払おうとしたら、母ちゃんと職人が
「何を言ってるの、いらないから。本当に。あんたこれから日本に帰るんだから、いりようでしょ。私たち、楽しかったのよ、あんたがここで仕事してくれて。ずっとここでやっててほしいくらいだよ。展覧会がんばるのよ」
といってまったく私の差し出すお金を受けとろうとしない。私は作品が完成した安堵感と、こんな心意気の人たちに出会えたことの感動で、思わず泣けそうだった。ここで無理に金銭を受け取ってもらうのはよくないと思い、しっかりお礼を言ってフレーム屋を後にした。

 貧しい暮らしであっても、仕事に誇りを持ち、気に入った者からは礼も受け取らない彼女は本当にかっこよかった。久しぶりに「大きな人」に出会った清々しい1日だった。27日の帰国を前に、一番心配だった木箱も完成、これも母ちゃんのおかげ。これで明日から安心してバリへ行ける。
by midoriart | 2007-10-17 22:14 | Yogyakarta
 インドネシア政府が公式発表した断食明けは今日12日。さっきの日没と同時に、これで本当にインドネシア中のイスラム教徒が断食明けの長期休暇に突入したことになる。昨晩からニュースでは、すでに帰省ラッシュの大通りで、スピードの出しすぎ、よそ見運転などで死者の出るような事故を何件も報道している。


b0090333_22502271.jpg  ところで今朝、バリの旧友N翁からメールがあって思い出した。そうだ、今日10・12はバリ島で大きな爆弾テロのあった日でもある。今年でもう5年になる。バリ島南部、観光地として有名なクタ・ビーチで、路上に止めてあった自動車爆弾が爆発、向かいのディスコなど多くの建物が炎上し、202名の犠牲者を出した。日本人観光客も含まれる。



b0090333_22504925.jpg  私は当時ジョグジャにいたけれど、その後の浄化儀礼に参加して、その惨状を目の当たりにした。今思えば、あの時見た惨状が生まれて初めて見た爆発の恐ろしさだった。そして2年前の地震の被害、あれが天災の中で一番悲惨なリアル体験だった。
(現場に建てられた追悼モニュメントには日本人お二人の名も刻まれている)


そうか、あの爆弾テロからもう5年もたつんだ・・・。それにしてもインドネシアはテロ、津波、地震と人災天災なんでもアリだ。インドネシアに限らず、なんだかこのごろ世界中でこの3つはよく耳にするようになった気がする。いったいこの地球はこの先どうなるのだろう。
外はまだ、断食明けを祝うイスラム教徒の騒ぐ声と、王宮広場で打ち上げる花火の音で騒々しい。彼らにとっての新年が、テロも汚職もない1年になることを切に祈る。クタの爆弾で犠牲になった多くの人々(外国人ツーリストだけではなく、周辺で働いているインドネシア人も多く亡くなった)のために合掌・・・
by midoriart | 2007-10-12 22:52 | Indonesia
 インドネシア政府が公式発表した断食明けは今日12日。さっきの日没と同時に、これで本当にインドネシア中のイスラム教徒が断食明けの長期休暇に突入したことになる。昨晩からニュースでは、すでに帰省ラッシュの大通りで、スピードの出しすぎ、よそ見運転などで死者の出るような事故を何件も報道している。


b0090333_2254337.jpg ところで今朝、バリの旧友N翁からメールがあって思い出した。そうだ、今日10・12はバリ島で大きな爆弾テロのあった日でもある。今年でもう5年になる。バリ島南部、観光地として有名なクタ・ビーチで、路上に止めてあった自動車爆弾が爆発、向かいのディスコなど多くの建物が炎上し、202名の犠牲者を出した。日本人観光客も含まれる。



b0090333_22542559.jpg 私は当時ジョグジャにいたけれど、その後の浄化儀礼に参加して、その惨状を目の当たりにした。今思えば、あの時見た惨状が生まれて初めて見た爆発の恐ろしさだった。そして2年前の地震の被害、あれが天災の中で一番悲惨なリアル体験だった。
(写真は現場に建てられた追悼モニュメント。日本人の名前も刻まれている)


 そうか、あの爆弾テロからもう5年もたつんだ・・・。それにしてもインドネシアはテロ、津波、地震と人災天災なんでもアリだ。インドネシアに限らず、なんだかこのごろ世界中でこの3つはよく耳にするようになった気がする。いったいこの地球はこの先どうなるのだろう。
  外はまだ、断食明けを祝うイスラム教徒の騒ぐ声と、王宮広場で打ち上げる花火の音で騒々しい。彼らにとっての新年が、テロも汚職もない1年になることを切に祈る。クタの爆弾で犠牲になった多くの人々(外国人ツーリストだけではなく、周辺で働いているインドネシア人も多く亡くなった)のために合掌・・・
by midoriart | 2007-10-12 22:52 | Indonesia
 ここ数年、インドネシアのイスラム教徒たちは断食の終わりを政府発表の日程に従うグループと、ムハマディア派が発表する日程に従うグループとがある。私には何のこったかよくわからないのだけれど、この前見てたニュースの解説によれば、結局は月の周航に問題があるらしい。ここ1ヶ月続いてきた断食の開始タイムにしてもそうだけれど、すべては太陽の上り下りによるわけで、こんなにも広いインドネシア共和国では、場所によっても随分タイムが違うわけだ。
 だからこの断食月の終わる日、時間にしても、一筋縄じゃいかないってことだろう。確かに一つの国で3つも時間帯持ってるんだから、そんなことも起こるよな。新年(西暦の)オメデトウにしたって、TVじゃ3回オメデトウするんだから。
「東部インドネシア時間帯の皆さん、新年オメデトウございます~」
と、中部、西部と1時間おきにオメデトウをする。

 とまれ、ムハマディア派は12日が断食明け、政府発表は13日ってことに今年はなっている。12日に明けるグループはつまり今日11日の日没と同時に断食月は終わり、イスラム暦の新年オメデトウ~ってことになる。
 だから個展準備中の私にとっては恐怖。今日から街は長期休暇に入ってしまう。ちょっと釘が足りない、ノリがないっていっても、店は開いていない。それこそ食料ですら、今日確保しておく必要があるので、今日絶対にやることリストを持って朝から出発。


b0090333_1351572.jpg 市場周辺ではみんながレバラン(断食明けの祝日)にお決まりのクパットを作って売る人、それを買ってく人で溢れていた。このバイク姉ちゃんがぶら下げている黄緑色のものがクパット。椰子の葉を編んで作ったもので、中に米を入れて蒸す。「日本の正月には雑煮」みたいに、レバランにはクパット。


 そして子供の提灯行列もレバランの風物詩。なんでこれをやるのか、理由は知らない。バリ・ヒンドゥーの場合は、バリ暦の新年ニュピの1日前に島中の悪霊を追い出すために大きな音を出して追い払うのだけれど、イスラムのこの行列は悪霊とは無縁だと思われ。印象としては、
「やっと今日から好きなだけ食えるぜ~~~!」
という、この1ヶ月の断食からの開放感で浮かれてる感じがするけど、おそらくもっと高貴な宗教的理由があるのだろう。

b0090333_13521897.jpg で、この提灯行列に子供がもつ提灯も街のあちこちで売られている。今年の流行はスポンジボブ型提灯。そっくりなのもあれば、全然ボブになってないのもあった。


b0090333_13523339.jpg もう一つ断食明けに欠かせないのが花火。これはどうも近年になって始まったらしいけど、この写真の店、上に「ランドリー」の看板があるように、もとは洗濯屋なのに、レバラン前だけ提灯と花火を売って小銭稼ぎもしている。こんな店が街のあちこちに出る。


b0090333_13525135.jpg 断食とは無縁な私は、まだまだ準備に走る。昨日オーダーしたフレームのチェックに行く。これが日本へ送るフレームの一部。昨日の午前中に注文した11枠がすべて完成していた。意外な速さに感動(ま、サイズも小さいし、塗装は自分でやるから簡単っちゃー簡単なんだけど)。


b0090333_1353926.jpg ジョグジャにはこのようなフレーム屋がいっぱいある。みんなイスラム関係のカリグラフィーを額装したり、息子や娘の卒業記念写真を入れたり、結構フレームの需要が多いのだ。この店は今回ブリタルでの交換プロジェクトを手伝ってくれたチャハヨが紹介してくれた。お母ちゃんが、夫亡くなった後も2人の職人を使って細腕でがんばってる店で、行くなり好感がもてた。そしたら仕上がりもなかなかイイので嬉しくなった。


 結果、我が家の周辺はムハマディア派の日程に従ったらしく、夜からやたらと通りが騒々しくなってきた。鼻の先にある王宮広場ではパンパンと花火の打ち上げまで始まった。そしてスポンジボブ主流の子供提灯行列、太鼓の音・・・。ムチャクチャやかましい。
 打ち上げ花火の地響きに、我が家の犬2匹がビビりまくって吼えまくる。夜からは仕事できるような状況ではなくなり、個展の案内状の宛名書きなどして過ごした。
 
 これで明日からは長期休暇。周囲の休日モードに流されずに、しっかりと帰国前の準備をせねば・・・。
by midoriart | 2007-10-11 23:49 | Yogyakarta
 バリで暮らしていたときにはまったく感じなかった「師走感」がジョグジャだとある。イスラム教徒にとっては今度の週末が新しい明けなのだ。H1428(イスラム紀元)がもうすぐやってくる。この一ヶ月真面目な信者さんたちは断食しているので、それが明け、実家に帰り、家族そろって一年の罪を許しあい、美味しいものを食べまくるというシーズン。
 ジョグジャにきた最初の断食月は、どんなものか試しに断食してみたけれど、以来一度もやってない。けっこう断食月で痩せる子もいるけれど、私の場合は
「日中何も食べてなかったんだから、日没になったら食うぞ!」
と躍起になって、普段よりも食べちゃったり、ついつい甘モノに手を出してしまうからいけない。


b0090333_16191656.jpg 今日はチャハヨ宅へお邪魔した。今回東ジャワのブリタルで交換プロジェクトをした際に、すべての行程に付き合ってドキュメント撮影をしてくれた彼が、その長い長いビデオを25分に編集してくれたので、内容のチェックに行ったのだ。
 ただまだ若干長いので、さらにいらない部分を削って14分に再編集。後は私がインドネシア語の会話を日本語訳して、字幕をつけたら完成。これは11月の個展で作品と一緒に上映する。


 ようやく仕事が終わって帰ろうと思ったらチャハヨの妻が言った。
「あ、そういえば今日はCareffourが24時間営業なんだって」
日本じゃ24時間営業のスーパーも当たり前だけど、ジョグジャで夜中に買い物できる店なんてサークルK以外にはない。ジョグジャ最大のスーパーCareffourが24時間営業?
 どうやら断食明けの祝日、レバランに向けて皆さんお買い物に忙しいため、5,6日の2日に限って24時間営業するものらしい。いったいどんな様子になってるんだろうか気になったので、チャハヨ宅を出て、そこままCareffourへ向かった。時は午後10時を回ったところ。


 ジョグジャのCareffourはでかいアンバルクモプラザというショッピングモールに2フロア分入っている。遠くからもわかる超デカイ看板に
「今年もやります。5~6日はノンストップ営業」
と出ていた。外にもまだたくさん人がいる。
 そのまま駐車場へ入ると、出る車と入る車で込み合っている。こんなの普段は見たことがない。駐車場の誘導員がヘタクソなので、余計に渋滞つくっちゃってる。


 なんとか駐車して中に入ると、まるで昼間の賑わい。確かに、断食月の今は、皆さん夜になると元気が出るからなぁ。レバランになると家族で食べまくるので、食品売り場は人だかり。さらにお客様用だったり贈答としてお菓子の詰め合わせもレバランの風物詩。日本でいう果物の盛り合わせ籠、あれの菓子バージョンがたくさん並んでいる。
 私は単に明日のパンが欲しかっただけなので、さっと商品拾ってレジへ。


b0090333_16195696.jpg  インスタントラーメンやお菓子は、ダースでみなさん買っていくので、普段はわりと高級でキレイな印象の店内が問屋状態。店員の姉ちゃんも詰まれたダンボール箱の山に座り込んでいる。

b0090333_16204414.jpg  向かいのレジにいた娘の買い物はいかにもレバラン用。シロップやお菓子などなど、カウンターに置ききれないほど買っていた。


 そんなこんなで今のジョグジャは師走状態。皆さん浮かれ気分、今日から学校も休みになるんじゃなかったかな。そして日本同様帰省ラッシュも始まる。時間や金銭的に余裕があるときは、私も「ミニ帰省」と称して、バリまで戻ってバリの家族のもとで休暇を過ごすのだけれど、今年はそんなことしてる暇はない。個展の準備があるので一人家にこもってレバラン休暇を過ごすことになりそうだ。
by midoriart | 2007-10-05 21:17 | Indonesia
 4泊4日のブリタルの旅も終わった。
 今回のPETA生き残りとの作品交換は、11月13日より愛知県美術館で始まる私の個展で発表するものなので、あえてここでは詳しく説明しないことにする。

 いつものことだけれど、知らない土地へ行ったらまずはそこの名物を食べたくなる私としては、今回の旅は収穫が多かった。やっぱり知ってる人と一緒ってのはこういうときにもイイ。同じ名物ってったって、やっぱり美味しい店とそうじゃない店があるわけで、必ず当たりくじをチャハヨが教えてくれるというのは本当にラッキー。


b0090333_0292019.jpg 初日の夜に食べたのは「ナシ・タフ」。訳せば豆腐ご飯。屋台で出してるブリタルの名物メニュー。ご飯は半分にしてもらって、その上に小さく切って上げた豆腐と、もやし、そしてせんべい。味付けはインドネシアのケチャップ(日本の甘口ソースに近い)。そこに思い切り辛い緑唐辛子の刻んだものが少しずつ入っているから、なめてると突然パンチをくらう。

 相性がいいのはあったかい紅茶。唐辛子の辛さで痛くなった舌も、甘くてあったかい(熱くないところがミソ)紅茶で回復する。


b0090333_1495714.jpg 最初に盛られてる状態ではわかりにくいので、混ぜたところを見せるとこう。
 チャハヨいわく、この手のものは最初にガッと混ぜてしまって味をなじませるのがコツらしい。


 ブリタルの朝にはナシ・プチェル。こいつも名前に「ナシ」と来てるから、つまりはご飯と何かってことだ。ジョグジャにもプチェルはあるけれど、甘くて辛さに欠ける。ブリタルのはチャハヨが自慢するだけあって、いやみのやい程度に唐辛子がきいてて、ジョグジャほど甘ったるくないから朝からすがすがしい気分。

b0090333_0295010.jpg プチェルはきゅうりやもやしなどの野菜をピーナツソースで和えたもの。とってもヘルシー。写真はチャハヨが注文した「彼バージョン」なので、スタンダードな「ナシ・プチェル」にプラスして海老のよせ揚げなんかもつけてる豪華版。プチェルは普通、朝のメニューなので夜になって探すのは難しい。


b0090333_0345624.jpg 私がココナツ系大好きと知ってるチャハヨがススメてくれたのがこのデザート。この白い色、全部ココナツミルク。もうたまらない!
 中には、黒米の蒸したもの、片栗粉とイモ粉を混ぜてゆでたもの、食パンのちぎったものなど、ま~いってみれば炭水化物ばっかが入っている。でもこの取り合わせ、それぞれの食感が微妙に違っていて、それらが口の中で固めだったり、トロッと溶けたりとバリエーションあって、さらにバックにはココナツミルクのマイルドな香りがあって・・・と、私にはたまらない一品。ダイエットを気にしなければ3皿は楽勝という味。


b0090333_0351491.jpg あまりに美味しいので、屋台の引き車にのってる中身の鍋を見せてもらった。このメニューも朝からはじまるもので、午後以降はなかなか見つけられないという。そして日が暮れて夜になると、また路上に並ぶそうだ。 あ、そうそう名前は「ジェナン・チャンプル」。


 食巡りで、普段は食べない夕飯もしっかり食べてしまったので、ジョグジャに戻ってからはまたダイエット再開。今年はまったく気にしてなかったけれど、気づけば断食月もあと1週間を残すだけとなり、街は長期休暇を前にそわそわしている。平日だっていうのに、どこもが渋滞。こっちは個展の準備で工具やら買いに行かなくちゃいけないのに、とにかくどこも人が多い。日本の師走、大晦日前の街みたいなものか。
 公的機関は12日から休みに入るらしい。私も一日だけは休みにして、敬虔なイスラム信者の友達夫婦んちで祝日のご馳走をいただくとしよう。今日は食べ物の話で終始。
by midoriart | 2007-10-01 23:24 | Indonesia