Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

カテゴリ:Art( 63 )

廣田緑のバリナイト

来る週末、10月12日に名古屋であるイベント告知。
あいちトリエンナーレに出品した奈良美智のユニット、THE WE-LOWSの展覧会場にある「コシバ食堂」にて、一夜限りのバリナイト開催。
私がバリでしこんだバリ料理と、ビンタンビールを用意して、チィママになってバリの写真や映像を紹介することになった。
メニューはバリ風焼き鳥、黒餅米のココナツ煮、生野菜のバリ塩添えなどなど。
b0090333_20301729.jpg

by midoriart | 2013-10-07 20:30 | Art

名古屋のギャラリー巡り

 久しぶりに彫刻家の知人と一緒に名古屋のギャラリー巡り。とはいえ、会うのが久しぶりだったから、どっちかといえば互いの近況報告がメインだったんだけど。まずは古川美術館で、互いの知人が参加してる爲三郎記念館特別展「7つの旅~現代作家による響演」を見る。
 

b0090333_11204243.jpgその次はずっと気になってたC・スクエアの「森山大道」展。
 いつもここ来ると思うんだけど、毎回いい企画やってるこのギャラリーが、なぜ中京大学の中にあるのかってこと。ここの学部構成みてて、美術に興味ある子がどの程度いるのかよくわからないけど、学外に開かれたギャラリーであるなら、もう少し、せめてキャンパス内のわかりやすい場所にあればいいのに・・・と。
 今回は、新しくなった中京大学の中をちょっと探索してみた。

b0090333_11272972.jpg 昔をそんなに知ってるわけじゃないから、どこがどれだけ変わったのかはよくわからないけど、見るからに新しい部分がリニューアル部分と思われる。これは館と館との間にあるデッキ。まるで地方都市のアウトレットの休憩スペースみたい。


b0090333_11284387.jpg これは明らかに新しい館。この吹き抜けとか、ちょっと愛知芸術文化センターを思い出したりして。


b0090333_1129269.jpg こんな感じで館と館がつながってるんだけど、う~~~~ん・・・何というのか。全体のまとまりが今ひとつ。。。


b0090333_113010100.jpg 個人的には、おそらく旧館と思われる、こんな近代建築のコンクリート打ちっ放しみたいなほうが、重厚で良いと思うんだけど、真新しいほうが、どうも軽薄に見えてしまっていけない。きょうびの若者は単に新しければいいのか?そうとも思えないんだけどなぁ・・・
というか、きっと統一感がないってことが、一番の欠点ではないかと思う。


 私は別に中京大学になんにも恨みもないし、C・スクエアのようなよいギャラリー入ってるし、中学と高校時代の体育の先生は中京大学出身だったし、悪口言う気は毛頭ないんだけど、なんというか・・・最近の大学にありがちな、わりとインスタントなリニューアルの風潮には、ちょっと賛成できないな~というのが本音。
までも、ここは図書館も充実したらしく、一般利用客をどんどん誘ってるらしいし、社会貢献もできる大学という感じで、八事で市民のための空間になっていったらいいのかも。まま、私も引き続きCスクエアへはお邪魔いたします。

 その後、せっかくなので原にあるトライバル・アーツという喫茶店兼フェアトレード販売兼ギャラリースペースみたいな店を見て、茶~して、今日のギャラリー巡りは修了したのだった。
by midoriart | 2013-04-30 11:17 | Art

六甲山日帰り旅

ちょっと気になるエリアがあって、旧友を誘ってぷらっと日帰りで六甲山へ行ってきた。この歳になったら新幹線でサクっと行けばいいものを、高速バスの往復という安旅。でもインドネシアで移動が電車17時間とか当たり前だった私にとっては、3時間なんて速いうちな気がする。まっ、多少最近では後から身体が痛いけど。
三宮についてすぐ六甲ケーブルを目指す。20年近く前に六甲山ホテルに泊まったのを最後に、神戸の山には登ってない。以前は車だったから、ケーブルを使うのは初。


b0090333_21562067.jpg こんな乗り場を見て、そわそわしてくる。さらにケーブルがかっこいい!

b0090333_2157429.jpg むちゃ傾斜ついてる!乗ってからも平衡感覚がおかしくなるくらい。しかし、こんなに斜めな乗り物って、どうやって作ってるんだろう???


b0090333_21581212.jpg 思ったより長い時間かかって六甲ケーブルは山上駅に着く。この駅がまたイイっ!いい感じにレトロで、燕が巣を作ったからって、傘が天井からぶら下がってるのも優しくて和む。


b0090333_220255.jpg 20分に1本のケーブルと、山上駅から出てる20分に1本のバスがうまい具合に接続してるから、そのままバスでまずは六甲山ホテルを目指す。昭和4年にできたという古くて当時のモダンな空気は今も健在。さらに、ホテルのスタッフも、きょうびのシティホテルのお決まりな動きしかできないタイプのスタッフと違って、ある意味ゆるくて良い。


b0090333_2221974.jpg ホテルからまたバスに乗って、オルゴールミュージアムで降り、六甲高山植物園を見る。高山植物って正直パッとしないんだけど、最近歳をとってきて、こういう健気に人知れず、でも頑張って咲いてる感のある植物に心打たれる。まだまだ寒い六甲の山で、花たちの健気さに、ちょっと感じ入るものがあった。そこから道を間違えたために、とんでもない山道(というか獣道に近い)を上り、もう下手したら、来た道戻んなきゃダメかも・・・と諦めた頃にようやくたどり着いたのが六甲ガーデンテラス。そこからの眺めがこれ!もう、足も尻も筋肉痛が限界きてるんだけど、この景色見て「登ってきてよかったぁ~~~~・・・」と本当に思った。
 あの険しい道のりを思ったら、ケーキも許される!と自分を甘やかし、てっぺんにあったカフェでチーズケーキセットを食べながらこの景色をしばし堪能。


b0090333_225354.jpg そして自然体感展望台「六甲枝垂」に行ってみた。これは建築家が作ったもので、ひとつの立体物の中に、いろんな風景の楽しみ方があるというもの。ここだけがちょっと直島っぽい感じ。



b0090333_2272623.jpg 中にはこんな空間があり、水が少しずつ落ちている。静かにその音に耳を傾けたりもできて、よくある展望台というより、現代美術作品的な・・・。観光観光した六甲山に突然これがあると、フツーに遊びに来た観光ファミリーやカップル達は、「これ、なに???」と思うんじゃないだろか・・・。いろんなコンセプトが詰まってるようではあるけど、それがある季節に限定されてたりするから、今回はあまりそれを体験することはできなかった。


b0090333_2212986.jpg なことしてたらあっという間に時間は過ぎ、そろそろ山を降りる時間。帰りのケーブルはもう日が暮れかけて寒い寒い・・・。でもまだ、下から登ってくるケーブルもあって、こんな感じですれ違う。



b0090333_22133336.jpg 三宮まで戻り、帰りのバスで食べるサンドイッチを買い、バスターミナルの休憩所にいると、自動販売機にこんなマークを発見。私の知る限り、まだ名古屋でこんな印を見たことはない。さすが震災を経験してる神戸だなぁ~。充電器掲載で、災害があったら、コインを入れなくても中の飲料を取り出せるんだ。今日は一日観光地を見てきたからすっかり忘れていたけど、ここで震災があったんだな・・・(自分は日本にいなかったこともあって、本当に実感がない。ごめんなさい・・・)。それをこの自販に教えてもらった。楽しむだけじゃなくて、最後にこれを見つけることができたのも、今日の日帰り旅の良い収穫だった気がする。
by midoriart | 2013-04-22 21:50 | Art

大阪日帰り旅

 3月の終わりの週末、大阪の国立民族博物館で聞きたいセミナーがあったので、日帰り旅決行。
b0090333_1520292.jpgまずは東洋陶磁美術館の一角で開催されている「濱田庄司腕展」を見る。中之島はいい感じに春の陽気。中之島図書館の古い建物と桜がカッコイイ。このエリア、川もあって私は好きだ。

b0090333_15213171.jpg東洋陶磁美術館前の駅を降りたところにあるのがB1という名の展示スペース。いまはダンスグループ、ビデオアーティスト、ファッションデザイナーグループによるワークショップと作品展をやってて、長いこと見ていられる。ここは初めて訪ねたスペースなんだけど、企画がアートに限らず、哲学・人類学などいろんな分野の専門家を交えてセミナーがあったり面白い場所だ。
b0090333_15235460.jpg 前回大阪に来たときから気になっていたんだけど、御堂筋線の淀屋橋のホームにある照明が、ちょっとキテる。万博時代の、いわゆる「メタボ建築」のテイストに近い。いま見ると、時代が巡ってまたカッコイイ。。。みたいなデザイン。にしても凄いな・・・

b0090333_15254128.jpgこの週末は3月最後で、桜の開花予想からすると、一番見頃だと言われた土曜日。にしては中之島に人が少ないなぁ・・・と思いながら、今日のツアーのメイン、国立民族博物館に向かうと、わかった。人びとはこっちに集まってきていたんだ・・・。そうか、大阪では万博公園は桜見るのに良い場所だったんだ・・・。前回は民芸館に来たんだけど、冬の寒い時期だったから、太陽の塔も寒々しい感じだったのに、今日は人混みと、桜と、春の花々の中で、生命力いっぱいにそびえてるように見える。

b0090333_15281581.jpgじっくりと、太陽の塔をなめるように見てみると、どこから見てもまとまっててカッコイイ。塔の腹についてる顔のレリーフも、こんな角度で見ても存在感ある。体勢としては若干苦しそうだけど、でも、これ以上どうやっても足し引きできないこの量感と完成度ってのはなんともすごい。さすが太郎さん・・・。

b0090333_15301181.jpg 民博のレストラン「みんぱく」でインド料理のランチを食べ、セミナーを聞く。内庭にもいくつかの考古的資料レプリカが展示されてるんだけど、この感じがジョグジャカルタの水の王宮近くにある回廊に印象がそっくりで、ついつい立ち止まってゆっくり眺めてしまった。

b0090333_15313441.jpg セミナーの聴講を終え、帰りに眺めた太陽の塔の尻。背中の黒い太陽は、太郎の「人類はどんどん進歩するのではなく、いずれ大変な時代も来る」というような70年代の浮かれた風潮に警鐘を鳴らすような意味が込められていたのだと、後で知った。

b0090333_15335359.jpg
b0090333_15334341.jpgこんな太陽の塔グッズを見ると、ついつい気になってしまう・・・
しかし、70年のあの万国博覧会に、自分は来てて、若干ではあっても記憶があるってことが、もう、なんとも化石になってる気分・・・。今日あの公園で桜を愛でた人たちの中で、万博の記憶ある人が何人いたかっていったら、覚えてる人の方が少ないんじゃなかろうか・・・。

 と、日帰りの大阪で、時の流れを痛感しつつ、時隔ててもなお、カッコイイ太陽の塔をつくった岡本太郎の偉大さをしみじみと感じたのだった。
by midoriart | 2013-03-30 15:18 | Art

神戸の旅その2


b0090333_20482514.jpg 今中信一の個展を見るため、神戸まで1泊2日の旅。
鳥取でもお世話になったスーパーホテルは三宮駅と新神戸駅の中間地点にあってとっても便利。ホテルの部屋から山側を見る。思えば、神戸の震災のときはインドネシアに暮らしていて、被災の状況は新聞で見ただけだった。ここに来て、神戸の人たちが「あのときはここはこうだった・・・」と話しても、まったく想像ができない。。。

b0090333_2050382.jpg 昨日のうちに中華街は堪能したので、今日は名古屋に戻る前に気になっていた竹中大工道具館を訪ねることにした。この名前からしてかなり「そそられる」。今まで知らなかったことが失礼なのかもしれないが、なんと竹中工務店の創業は慶長15年!!!織田信長の時代に始まってるって・・・すごすぎる。

b0090333_2053497.jpg さすがは竹中、展示は3フロアに分けられ、3Fから「伝える」(道具の歴史を振り返る。世界の道具と見比べる)、2F「造る」(木で建築を造る大工の技。鉄で道具を作る鍛冶の技)、1F「極める」(用を極め、美に至る)となっている。昔の人たちがいかに長い時間をかけて木を切ったか、どれほどの知恵で道具を作ったのか、リアルに感じられる展示方法には脱帽。

b0090333_2056093.jpg こんな道具たち、見てるだけでぞくぞくする。

b0090333_20562362.jpg 「ムンクの叫びか?!」と思うインドネシアのカンナ。道具なのに、機能だけじゃなくて、こうやって遊んじゃうのはなんなんだろう。人間が人間らしいところなのか・・・

b0090333_20573354.jpg インドネシアの墨壺。これもおもしろいナー。なぜか墨壺はどこの国のものも「遊び」が多い。日本のは亀さんとかが彫られていたり。発祥の国の形やセンスが伝播していくものなんだろうか。
 とにかくこの大工道具館はいい!また行きたい!今は東京で、その後竹中大工道具館、名古屋のトヨタテクノミュージアム産業技術記念館を巡回する『数寄屋大工-美を創造する匠』展も絶対見たい!

b0090333_20585385.jpg 神戸を去る前に、今中さんが最近神戸で流行のケーキを教えてくれた。Shigeo Hiraiのお店L'AVENUE。ただ、ここはテイクアウトしかできないから、2人で3つ買って、近くの公園で食べてみた。確かに美味いっ!ちなみに、上の白っぽいのはチーズケーキ、下の左はショコラ、右はラズベリー。
 今回は今中さんの個展が見られるだけで充分だった神戸旅。美味しい中華も食べ、ケーキも食べ、知らなかった資料館や大工道具館にも来ることができて、もう十二分に満喫した。バスでたったの3時間、これからはもっと頻繁に来ても良いなぁ~と本気で思った久~~しぶりの神戸旅だった。
by midoriart | 2012-09-04 20:47 | Art

神戸の旅その1

b0090333_2017265.jpg 神戸を歩いた最後がいつだったかわからないくらい久しぶりに、神戸を歩いた。今回は古い友達、今中信一さんの個展を見るための神戸。朝8:30のバスに乗り、2時間で大阪。大阪の空は9月とは思えない盛夏の青空!暑いっ!

b0090333_11513365.jpg
 
b0090333_11514935.jpg
そっから1時間で神戸は三宮着。神戸も暑い。
 早速ホテルに荷物を預け、今中さんの個展会場へ。地図で見たら、南京町(中華街)エリアにあるギャラリー!これは楽しい!ギャラリーまでの道中、思い切り寄り道して、ようやくギャラリーへ。彼の作品はまた後ほどUPするとして、3年ぶりくらいの再会を喜び合い、作品をじっくり鑑賞した後、私は一人でメリケン広場を目指した。彼はお客様が多いから、ギャラリーが閉まる午後6時まではギャラリーにつめているから、それまでの時間、私は神戸の観光客だ。

b0090333_20215413.jpg 兵庫生まれの今中さんも、大阪から彼の展覧会を見に来ていたマッチャンも、さほど興味をひかれないというメリケンパークを私は目指す。なんとなく海は見たくなる。
 たしか十年以上前に母と神戸に来たとき、このメリケンパークに来たことがあったような気がする。でもタワーに上るのは初。せっかくだから高いところから海を見てみることに。なんと、ここから淡路島が見えたのには驚いた。

b0090333_20234714.jpg 海を満喫して中華街に向かうと、この看板が目に入った。戦争をテーマに作品をつくっている私にとっては、これも何かの縁。さらに運良く閉館ギリギリだったところ、受付のお爺ちゃんが快く迎えてくれた。

b0090333_2025723.jpg『戦没した船と海員の資料館』は2000年8月15日にこの場所に開館したもので、1941年から45年にかけての戦争で犠牲になった船と、犠牲者の資料を展示している。
 中には、沖縄戦に備え、沖縄の学童を疎開させるために出航した船が沈み、多くの先生と子供が犠牲になったという船の記録もあり、民間人の犠牲者もたくさん海に沈んでいることを知った。閉館時間なのに待っていてくれるお爺ちゃんに申し訳なく、出てきたけれど、あらためてゆっくり訪ねたい資料館だった。
by midoriart | 2012-09-03 22:14 | Art

2年ぶりの福岡

 お盆の時期を利用して、お世話になっている元福岡アジア美術館学芸課長の後小路雅弘さん(現九州大学教授)に会いに行こうと考えていた。予定をうかがうために連絡したところ、だったら・・・と誘われたのがアジア近代美術研究会。
 ちょうど7月末にインドネシアでの現代美術に関する調査を終えたところだったので、その報告もできるということで、今回はそれをメインにして2年ぶりの博多行きとなった。初めて陸路にて博多へ。名古屋から3時間半。

b0090333_17173692.jpg 久しぶりの博多は晴天。名古屋の空に比べると、なんだか青がキレイ。とくに天気がよかったのかもしれないけど、なんとも、異国のような空に感動。
 ネットでテキトーに探したホテルはこの中洲にあって、天神へも中洲川端へも近くてとっても便利。今回の博多、さい先がよいぞ・・・

b0090333_17195817.jpg 九大へ向かうため、出会い橋を渡ると、なんと川下りもやってるんだー。那珂川の昼の顔って、こんなんだったのか・・・
そんなに博多に詳しいわけではないけど、このエリアは夜しか通ったことがなかったので、昼のこの感じは知らなかった。こういう大きな川が街の中を流れてるって、なんだかいいなぁ。大阪っぽくもあるような・・・。

b0090333_17212856.jpg 久しぶりの後小路さんとの再会、アジアの香りたっぷりな研究室でゆっくりと今までの報告をさせていただき、アジア関連のいろんな書籍を紹介していただいた後、一緒にバスで第28回アジア近代美術研究会の会場である福岡アジア美術館へ。
 今日の私の発表を聞いて、今は大分で日本人の奥さんと住んでいるインドネシアの友達、Didikも車で2時間かけて来てくれた。はじめて息子と会う。栗坊主でかわいい!彼は九州産業大学でドクターを取得したばかりで、10月には故郷インドネシアに帰る。
 発表後の懇親会には中国美術、台湾美術の専門の方も参加されて、アジア諸国の似てるところ、違うところなど話ができておもしろかった。福岡にはアジア美術館があって、ここの関係者に知り合いが多いからなんだろうけど、来るとすごーくアジアな話題ができて楽しい。

b0090333_17252526.jpg さらに、九州人だから酒が強い!「山ねこ」なる地焼酎をお湯割りでいただき、気持ちよ~くホテルに歩いて戻ろうとしたら、那珂川のほとりで、エリッククラプトンをエレキでぼろろんしてる青年が。ほろ酔いに川、クラプトンとはなんと贅沢な・・・。しばし誰もいない川岸に座り、九州の夜風と戯れる。

b0090333_1728890.jpg 翌朝は残念ながら小雨、でもせっかくホテルの近くに櫛田神社があったので、歩いて探索。おみくじがなんともインターナショナル。

b0090333_1729180.jpg 昨日は閉館してて見られなかった旧福岡県公会堂貴賓館を見学。うちのお爺ちゃんより一歳後輩、明示42年起工。渋いなー・・・


そして午後からは福岡アジア美術館の図書室で、アジア関連の書籍のチェックをさせてもらい、あっという間の博多旅を終え、明太子を買ってのリターン。短時間とはいえ、濃く、美味い一泊二日だった。次回は絶対に水炊き食べたい!
by midoriart | 2012-08-11 22:14 | Art

初夏の常滑ツアー

 今日は常滑のINAXライブミュージアムへ「ミントンのタイル」展を観に行った。ここ数年、常滑の街が随分変わったとは聞いてたけど、インドネシアへ戻るときに中部国際空港まで一気に行くことはあっても、一度も降りたことがない常滑、知らない街、常滑だった。

b0090333_22224780.jpg 駅で降りて「常滑やきもの散歩道マップ」をもらって町歩きを始めると、まず最初にでっかく現れたのは「とこにゃん」


b0090333_222377.jpg 新聞や雑誌でよく見かける土管坂はこんな感じ。赤土の色と、初夏でぐんぐん伸び盛ってる新緑がとってもきれい。


b0090333_2224967.jpg 古窯庵のせいろを満喫した後、〆めには冷やし蕎麦ぜんざい。これもなかなかの美味。


b0090333_2224541.jpg もう少し南へ歩いたら、昭和49年まで現役だった登り窯に出会った。昭和57年に国の重要有形民俗文化財に指定されたもの。周辺の町並みも味があっていい感じ。ただ、これが週末になると、観光客でどれほど混雑するのかわからない。静かな環境で触れるには、とってもいい空間だった。


b0090333_22264045.jpg 駅から700mほどを歩いて、INAXライブミュージアムに到着。ここがまた広くていろんな施設が併設されている。とりあえずミントン展を見て、次に「窯のある広場・資料館」へ。私はこの館が一番気に入った。土管やタイルを焼いた窯が真ん中にどんとそびえ、今ではそこの中でくつろげるようになっている。現役の時には高温の火で包まれていたこの窯内が、いましんと涼しい空気の、まるで洞窟のような空気をつくっているのはなんとも魅力的。


b0090333_22313236.jpg 窯が現役だったときは、焼く前の土管の乾燥のために使われていたという2階が、いまは便器のミュージアムになっていた。絵付けされた陶器の便器のなんと美しいこと・・・。日本人のこの美意識は、どうして今ほとんど消えてしまったんだろう。本当に素敵な便器に感心。日本の便所の空間って、谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』で語られるように、独特な美意識があったんだなぁーとつくづく思った。


b0090333_22345825.jpg で、今日のお買い物はこれ。50年ほど前に常滑で生産され、欧米へ輸出されていたという灰皿4枚セット。オリエンタルなデザインが今見てもかっこいい。灰皿にしたら吸い殻2本も置いたらいっぱいというサイズのこれ、これからの季節、そうめんの薬味置きに良し。セットの収納部分はお玉置きにもなる。
古い小さな窯元の店で見つけ、一緒にいた濱田庄司の孫の琢司さんも
「お~、これはいい!」
と言ってくれたから、私も買い物モードが入った。
家に戻って眺めても、なかなか洒落たいい買い物ができたな~と満足。
気付けば万歩計はほぼ12,000を指している。健康に良し、眼に良しの充実した常滑ツアーになった。
by midoriart | 2012-05-31 22:39 | Art
 先週16日、南山大学で開催された「アーツアンドクラフツ:ウィリアムモリスと柳宗悦」のため、日本各地から研究者が集まった。この合同研究に関わっている南山大学准教授の濱田琢司氏と、大学施設課のKさんによって、今回は南山大学内のアントニン・レーモンド建築をじっくりと詳細な解説付きで見学できるはこびとなった。
 南山大のレーモンド建築といったら最初に浮かぶ神言神学院については、前回紹介をしたので、今日はレーモンドの建築に欠かせない色、レンガ色を見てみたい。

b0090333_20282299.jpg これはキャンパス内にあるG30とG棟を左右に見たところ。このレンガ色は神言神学院から、図書館、研究棟、その他のすべての建物に共通するベースカラー。この色については諸説あるそうだが、私が好きな説はこれ。
「レーモンドが南山大学の建設に携わる事になり、名古屋の八事に赴いた際、八事の山の赤土を見てその色に感銘を受け、これをすべての建築のベース色と決めた」

b0090333_20314799.jpg こちらはちょうどさっきの写真の撮影場所から逆方向を向いて撮った感じになる。同じ道路の北を向いたものと、南を向いたものだ。こちらに見えてるのは研究棟で、G棟よりもずっと後になって建設されている。


b0090333_2033183.jpg 本部棟の裏手にあるベンチ。この感じが、なんとも母校愛知県立芸術大学の雰囲気に似ていて思わず写真を撮った。なんせ愛知芸大はレーモンドの弟子、吉村順三の建てたものだから、似ていて当然といえば当然。

b0090333_20361584.jpg 体育館だって

b0090333_20363354.jpg 図書館だって、ほらこのとおりのレーモンド・テラコッタ色。

b0090333_2037853.jpg 中庭から見えるレーモンドのレリーフのある建物。ここでも床面にはテラコッタの色が見える。


b0090333_20382361.jpg 基本はこのレーモンド・テラコッタ(私が勝手にいってる名前なので、実際にこの赤土色を何と呼んでいるのかは私は知らない)と、コンクリートのうちっぱなしの色が基調になって、南山大学の建物が出来ている。彼が亡くなった後の新校舎は、レーモンド事務所と清水建設が関わって作っているそうだ。

 そんなにたくさんの大学を見てきたわけではないけれど、この色味と八事の地形、蔦のからまった建物、なんとも歴史ある学びの舎という貫禄はある。今回は特別に、なんとこのキャンパスの地下に作られていた地下道まで見学できたので、そんな話はまた次回。
by midoriart | 2012-03-20 20:41 | Art
 今年の夏、南山大学准教授の濱田琢司氏に案内していただき、アントニン・レーモンドの建築ツアーをしたことがあった。あれから半年、今回は南山大学に民藝運動、アーツアンドクラフツなどを研究している日本各地の研究者が集まる会があり、その先生方のために南山大学施設課の詳しい担当者をガイドとして、レーモンドツアーが開催されることになり、ワクワクで再び参加した。
 今回は個人的なツアーではなく、専門家の皆さんが一緒にいるおかげで、先回は撮影禁止だった場所でも撮影が可能になったので、ようやくここで、レーモンドの作った礼拝堂のその荘厳さを紹介することができる。

b0090333_18101711.jpg ただひとつ残念なのは、改修のために外観を見ることができないこと。でもそれは前出の「南山大学建築ツアーその1★アントニン・レーモンドの神言神学院」のページを参照されたい。

b0090333_1811336.jpg 地下にある神言神学院のマケット。これも先回は撮影ができなかったもの。なんたって、今回はここで長く仕えておられる神父様も一緒に案内してくださってるから怖いものなし。
 ここでさらりと神学院の沿革を。
 神言修道会は、1875年にドイツ人司祭アーノルド・ヤンセン神父によってオランダのシュタイルで創立されたカトリックの男子宣教修道会。神言会の日本における司祭、宣教師要請事業は1950年に名古屋で始まり、3人の神学生が初誓願、それ以来100人以上の司祭、宣教師を送り出してきた。この事業の一環として、名古屋には南山学院ができたのだった。

b0090333_18172717.jpg 今も神学院の中で、様々な国からやってきた神学生たちが学んでいる。これは彼ら専用の図書館。

b0090333_18183463.jpg
築45年が経ち、屋根や壁などの老朽化が激しく、耐震工事との必要性も相いまり、2007年から4年間の予定で大規模な改修工事が始まっている。レーモンドが設計した当時の凝った意匠、材料もできるだけ当時の状態を保つ形で修復が進められていた。


b0090333_18203614.jpg

この威厳ある扉!!!夏にここを訪れたときも、この扉に圧倒されたのを覚えている。


アントニオ・レーモンドの素晴らしい建築がこれからも改修されて残ったらいいなーと思う方は、以下の方法で寄付金を送ることができる(詳細のわかるサイトがないか探したが、見当たらなかった)。
郵送先
466-0835名古屋市昭和区南山町11神言会管区センター
メール
shingakuin(アットマーク)svdjpn.com
郵便振替
00840-5-106065
加入者名
カトリック神言修道会

三菱東京UFJ銀行:八事支店(普通)1153138
口座名: 宗教法人カトリック神言修道会
by midoriart | 2012-03-16 23:05 | Art