Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

カテゴリ:Indonesia( 32 )

今月6日午前10時49分、スマトラ島中西部パダンの近郊でマグニチュード6・3の地震が起き、80人以上が死亡している。負傷者は数百人にも達している。約2時間後にもほぼ同じ大きさ(M6.0 )の地震があった。震源地は西スマトラ州の州都パダンの北東約50キロの地点で、震源の深さは約30キロ。夜にはパダン近郊のタラン山の火山活動が活発化したために、火口から3キロ以内に近づかないよう勧告も出された。
 
b0090333_1334820.jpg
 去年5月27日にジョグジャを大地震が襲い、ひょんなことからこの私が救援活動を始めることになったとき、半年にも及ぶ活動を一緒に支えてくれたのがチャハヨだった。長身で東幹久に似ているので、ブログでは私がいつも「東(あずま)」と呼んでいたのが彼。
(写真:ジョグジャでの救援活動、「こどもプロジェクト」の解散パーティで。一番右が東)

 先日、国際交流基金慰問団がジョグジャを訪問、4つの学校で慰問公演をすることになったときも、東は一緒に関わった第3バンブー幼稚園での公演を見るのを楽しみにしていたのだけれど、前日まで中部ジャワの田舎で仕事があり、結局は幼稚園に来ることができなかった。
 そしたら昨日、なんとパダンからメールが届いた。彼は私のブログに訪れる方に、「こどもプロジェクト」メンバーも多く含まれていることを知っているので、今度のスマトラ地震についても、自分がその目で見てきたことを、読者に知らせたいらしい。せっかくなので、彼のメールの内容を直訳してここにお伝えする。


b0090333_135583.jpg「ハロー、ミドリ。
 この前は幼稚園の公演に行けなくてごめん。結局撮影が伸びちゃったから朝までかかったんだ。イベントはどうだった?きっとうまくいったんだろうね。

 僕は今、パダンからメダンに寄って、ネットカフェからメールしてるんだ。
 先週の木曜(22日)にメダンから西スマトラに向かったんだよ。一番の目的はバトゥサンカールのバティプへ行くため。ここが今回の地震の激災地なんだ。ここでは、今もまだ頻繁に大きな余震が続いていて、避難した住民たちも家には戻れずにいたよ。自分たちで、家よりも安全な緊急テントを選んでいるんだ。


b0090333_1354760.jpg メールと一緒に、僕の友達のボランティアが現場で撮影した何枚かの写真を送るよ。救援物資が少しずつ届けられているよ、食料や医療品がね。
 でも、今もいくつかの村が、アクセスするにも道路がふさがれていて、トランスポートが大変らしい。


b0090333_1362212.jpg こんな状況を見ていると、僕らがバントゥル(こどもプロジェクトで活動したジャワ地震の時の激災地)で活動してたときのことを思い出すよ。
 本当に、避難生活は大変だったもんね。まったく、すべてが大変だよ・・・。
 このくらいしか今は書けないけれど、ミドリのブログででも話しておいてくれよ。ジョグジャに戻ったらまた会おう。 チャハヨ」


b0090333_1364747.jpg 去年起きたジャワ中部地震は、ジョグジャカルタという教育都市、そして世界的にも有名な観光地を襲った天災として、国内外で長い間ニュースになったけれど、今回の西スマトラ地震は国内のニュースでもあまり報道がされない。ジョグジャではこの翌日にGARUDA国内線が空港で着陸失敗して死者を出したから、完璧にこっちに人の意識が向いちゃった感あるし。


 事情を知ってる方々にはよくわかってると思うけれど、別に私は地震とあったら救援にかけつける「救援ボランティア」でもないし、幼稚園を建てるのが好きな「教育NGO」してるわけでもない。この前はたまたま住んでる場所が被災して、心配してくれる知人がたくさんいたから活動が起きただけのこと。
 だから東のように、ボランティア・ネットワークでどこにでも飛んでいくことはできないけれど、少なくとも「インドネシア」というキーワードで私のブログまで達した方のために、入った情報があればこの場で公開したいと思う。それが東の希望でもあるし。
 
 今日は地震ネタになったので、ここジョグジャの被災地の近況も少しお話しておこう。相変わらず完全な復興、復建からはほど遠いけれど、さすがにテントの数も減った。政府が出すと約束した再建費用は、1世帯1,500万ルピアと決められ、それを小出しにもらうことになっている。村によってはすでに半額くらい受け取ってたりもしているけれど、ともかくまだ全額は再建費用を受け取る対象者に渡っていない。
 大体、3年前のアチェ津波の復興がまだなんだから、ここだっていつまでかかることやら・・・。今回の慰問団ご一行様、独楽のおっちゃんから預かった子供用の独楽を近々バンブー幼稚園へ届けないといけないので、その時には久しぶりにタンキルの村長さんちにも寄って、被災地の最新事情を仕入れてこようと思う。おいしい奥さんの手料理いただきながら。
by midoriart | 2007-03-24 23:32 | Indonesia
 今日は友人の絵描き宅を訪ねていたので、地震があったことを知ったのは夕方になってからだった。それも日本の母からのEメールで。早速気にしてニュースを見てみると確かに西スマトラで大きな地震があったらしい。
 その後何人かの友人から安否を気遣うメールをもらったので、ここでまずジャワ島にいる私はまったく元気でいることをお伝えし、スマトラがどんな状況なのかをインドネシアのTVニュースをソースにお知らせしようと思う。


b0090333_23474875.jpg

 まず、インドネシアがむちゃでかい国であることも最初に知っておいてもらうとしよう。私が住んでいるジョグジャカルタは黄色の☆にあたる。これがジャワ島。そのすぐ右となりのむちゃ小さな島が、インドネシアでもっとも有名なバリ島。
 そして左に縦長に伸びてるのがスマトラ島。白の大きな矢印が今回地震被害にあった西スマトラのパダン、ブキッティンギ、ソロなどの町があるエリア。日本の新聞では「ソロク」って言ってるけど、「solok」をこっちの人はけして「ソロク」とは呼ばない。細かく言えば「ソロッ」って感じ。おそらくジョグジャ近くの古都SOLO(ソロ)と区別するためにそういう言い方にしているのだろう。今回一番被害が大きいのが、このソロッだ。
 地図掲載ついでに補足すると、このスマトラ島の北の先っちょに記したピンクの☆、ここが2004年12月スマトラ沖地震で13万人の死者を出すツナミが起こったアチェ。そして今回の地震で被害はなくも、揺れを感じて一瞬パニックになったマレーシアが「M」、シンガポールが「S」。


b0090333_23513793.jpg  TVのニュースでは今回の地震の被害を映像で見せているけれど、インドネシアのインターネットのメディアにはまだ画像が見つからない。なので今日の私の記事に掲載したのは、被災してないのどかなスマトラの風景。

 ついさっき、午後9時のニュースでも、西スマトラ地震はトップニュースだった。現時点で71名が死亡、46名が負傷、中でも一番犠牲者が多かったのがソロッで19名が亡くなっている。周辺では数百件の家屋が崩壊、大きなビルが15棟被災、TVでは3階建の公共ビルの1階が見事につぶれ、2階建になっていた。また都市の大きな公共市場2つが火事で全壊、道路も土砂崩れなどで閉鎖になっている。


b0090333_23485942.jpg 今日の地震は午前10時49分にM6.3、2時間後の午後12時49分にM6.1と大きなのが2回も襲ってきているからきっと怖かっただろう。ジョグジャの地震では死者は6000人近かったことを思えば、まだよかったと言うべきか。

 さっきのTVでは、小学校の子供たちが校庭に集められ、親が迎えに来るのを待っているのだけれど、親が来ない子供たちが悲惨な面持ちでいるのがなんともかわいそうだった。でもここの国は宗教がしっかり生活に入り込んでいるから、最後にはみんなでお祈りしてまとまっていたけれど。


b0090333_23493349.jpg あきれたのは病院。誰かがビデオカメラを持っていたようで、揺れが来て、病院内の人々がパニクってる状況がすべて撮影されていた。
 なんと!最初に逃げ出てきたのは、看護婦と医師、白衣の人々。その後に続いて点滴したままの爺ちゃんが身内におんぶされて出てきたり、子供を抱えた父チャンが出てきたりしていた。医者たち、なんも持たず、自分の身だけ守って出てきたぞ~。。。さすがはインドネシア。
 追い討ちかけるように、病院の職員で通用口の鍵を持ってる人間が、一人で勝手に逃げちゃったもんだから、建物の中に何人も取り残され、その門から出られないので大パニック。またそれを外から助けずに撮影してた人間がいたってことだなー、考えてみたら。まったく・・・


 以前国営航空会社GARUDAの飛行機事故の際も、一番最初にスッチャデスが全員機内から走り逃げて、乗客をまったく無視してる映像がニュースで流れ、一瞬の間国内でもそれが問題視されたけれど、おそらくここでは「人命を守る」なんて聖職は存在しないのだと思う。あるいは、人命の大切さが、他の国(少なくとも日本人のもっている平均的な感覚)とはまったく違うと言ったほうがいいかもしれない。

 現在、負傷者は前のジョグジャのように、建物の中にいるのがイヤなので、病院の庭に臨時設置したテントの中で処置を受けている。これ以上の犠牲者が出ないこと、避難生活で伝染病などが流行らないことを祈るしかない。そしてどうかどうか、政府が今回、ジョグジャの地震で学んだことをちゃんとふまえて対応していくことを望む。
by midoriart | 2007-03-06 23:46 | Indonesia