Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

11月15日◇愛知芸術文化センター探索

 11月12日、『ロートレック展』の開会式にあわせ、私の個展も始まった。13日からが一般公開。
 ようやくホッとして周辺を見渡す余裕の出た私は、久しぶりの故郷名古屋の中心地、栄をちょっとずつ歩くことにした。

b0090333_225836.jpg 栄といったらテレビ塔。これが栄のまん中、セントラルパークの中心にあるテレビ塔。小さな頃は上ったことがあるけど、今はどんなになっているんだろう。これはちょうど愛知県美術館の出口から見たところ。


b0090333_2254841.jpg そして地元の私もまだあまり馴染みのないオアシス21から見た美術館。
 愛知県美術館はコンサート大ホール、小ホールからミュージアムショップ、図書館、市民のためのギャラリー、そして美術館と、いろんなものが入った建物で、総称は愛知芸術文化センター。県立美術館はここの10階に入っている。


b0090333_2263138.jpg 名古屋市内でもかなり交通量が多いのがこの栄。名古屋駅からは地下鉄で2区。これは車で移動中に栄の交差点から撮った愛知芸術文化センターの外観。


b0090333_22115114.jpg そして10階に上がると、ここにあらためて愛知県美術館のエントランスがある。


b0090333_22123650.jpg 展示室への通路はこんな感じ。ちなみに私の展示は所蔵作品展示室の6。

 一般公開の初日、中学3年生の時の担任、S先生が見に来てくれた。女子校で少々ヤンチャだった私は初任で入ってきたS先生が初めて担任をうけもったクラスにいた。好き勝手やってる私とその仲間には、当時25歳だった先生も振り回されぱなっしだったと思う。

 でも大人になってしまって気づけば、たかが10歳違い、結婚相手とかになってたって(S先生は既婚で大きな子供2人いるからまったく対象外ではあるけど、例え、例え)おかしくない。もちろん今となっては酒だって一緒に呑めるわけで、私がたま~に帰国すると、当時のヤンチャ仲間で集まり、S先生を誘うことがある。

b0090333_22134015.jpg 今回もいつもの「元ヤンチャ仲間」と先生が私の個展会場で合流した。考えてみたら今回10月28日に帰国して以来、初めて呑んだアルコールだった。無事に展覧会も始まり、ホッと安心して、懐かしい仲間と会って呑んだビールはとっても気持ちよく喉を通っていった。
by midoriart | 2007-11-15 22:03 | Art