Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

6月4日◆作品設置2日目:明日はOPENING


b0090333_1525269.jpg 朝からササンとVOCASへ。
 昨日の夕方ベニア板に取り付けた「瞑想猿」のパーツはしっかりと接着剤が固まっている。安心してドローイングを足す。順調に一個目の作品展示は進む。


b0090333_15253886.jpg そしてキドラのお抱え職人さんによって、私の選んだ一角にベニア板ごと作品が取り付けられようとしていたその時・・・


 職人がこのベニア板を思いっきりハンマーで叩いたもんだから、左肩のパーツ一個が落下して大破。職人二人は固まっちゃったけれど、私としてはこれが顔パーツじゃなくて本当によかった。海外で展覧会を経験して何が嬉しいって、どんな過酷な状況でもなんとかするってことを学べること。ドライバーがありませんってところから始めなくちゃいけなんだから、日本の画廊や美術館のように至れりつくせりな環境とはまったく違う。


b0090333_1525584.jpg 設置場所へ登って、取れたパーツ部分に再度ドローイングを施す。そして「瞑想猿」は完成~。



b0090333_15261310.jpg


 でも、私のメインのショーはこのグループ展ではなくて、昨年マニラで始まって以来続いている個展のプロジェクト。こっちは昨日も職人が来なくて、まだ展示できる空間が出来上がっていない。展覧会のオープニングは明日の午後3時だっていうのに、まだまったく作品をセッティングできないでいるから、小心者の私は気が気じゃない。
「これも修行・・・」
と気持ちを落ち着かせてみる。


b0090333_15263383.jpg こんなときにヨーヨーあるといいわぁ・・・
 ちょっと凝り固まってた身体にもイイ塩梅。笑ってはいるけど、心はすでに泣きにはいってる午後5時。


 結局、私が個展の作品を設置しようとしていた空間に照明がついたのは午後10時だった。ササンも妥協を知らないアーティストなので、私が徹夜覚悟なのを知って、自分の作品の納得いかない部分を大幅に修正し始めた。だからここからの写真は一切ない。お互いが自分の作品の完成に必死になり、なんとか一度家に帰れる状態までになった時には午前4時を回っていた。
 夜明けに私の好物ハロハロを食べたいと思っていたのだけれど、バギオの夜明けはかなり寒い。私自身、とても夜明けにカキ氷食べられる元気がなかったので、そのままキドラ宅へ直行した。
by midoriart | 2007-06-04 15:24 | the Philippines