Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

5月30日◆2度目のキブガン旅行

 6月1日の野焼きの日を前に、私とコーディレラ・グリーンネットワークの代表マリコさんとが一足先にキブガン入りすることになった。私には先日のワークショップで作った猿面のコンディション確認以外に、6月5日から始まるVOCASでの個展に備え、まだヒト作品の交換プロジェクトが待っている。今回は展覧会場での設置条件なども考慮し、81個のヒトをフィリピンの人々と交換することに決めていた。今までに交換したヒトは約60個なのであと20個。


b0090333_23405287.jpg 今回もまた長距離バスを利用。マリコさんの3人キッズはまだ夏休み。後発隊のお父さんジープには長男のアラシが乗り、次男のビリッグと長女のキカはママについてくることになった。後はマリコさんのスタッフで私の交換プロジェクトでずっと通訳をしてくれているレネ君も便乗。


 午前6時ほぼぴったりにバスが出発、ノンストップじゃないからどんどん人が乗ってくる。混み込み状態の中、トイレ休憩で停まったタバオ村では1個の交換に成功。思ったより速く12時前にキブガンに到着。



b0090333_2341887.jpg ちょうどそのバスストップに、今回の旅で私が大好きになったハロハロ売りがいた。
「ミドリさん!イロイロあるよ!」(なぜイロイロと呼ぶかは5月26日付『フォークシンガー選挙当選パーティと美術巡り』参照)
とキッズに教えられ、早速キカと一緒に氷をシャクシャクしてマシュマロ入りのハロハロをいただいた。


 先回のワークショップ以降、ずっと電話回線も、もちろんインターネット環境もないキブガンにこもっていたインドネシアから参加の友人ササンは、今日は始めての休みをとってレイ君と一緒に片道3時間以上も歩くホットスプリングまで行ったとのこと。
 じゃあ私たちもヒトの交換しながら、食材でも探しましょうってことで、宿舎になってる市役所を出て村の散策・・・


b0090333_23413415.jpg ったって、店は右左に全部で10件程度。ここで交換をちょっとずつお願いして歩いていたら、こんなディスプレイ方法を発見。お菓子の袋を洗濯バサミでつまんで売る~。

b0090333_2342056.jpg



b0090333_23422117.jpg 今日のメンバーはレイ君ともう一人のドキュメント係、メーベルちゃん。彼女がとってもお料理好きだったので、フィリピン料理を作ってもらった。オクラ、かぼちゃ、インゲン、トマトなどを軽く炒めて、水足してからこちらのスパイス入れて蒸したもの。ムチャ美味。食堂でディナーしてる途中でホットスプリングから戻ったササンに再会してびっくり。もうどこの人?ってくらい真っ黒。インドネシアの中でもササンは色白なほうだったので、健康的に黒くなってちょうどいいかもしれないけど、まるで夏休み明けの小学校のガキ並みに日焼けしてるので驚いた。
 明日はついに野焼きの窯作り。
by midoriart | 2007-05-30 23:38 | the Philippines