Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

5月5日◆東ジャワ3日目:ようやくのスラバヤ入り

b0090333_20423873.jpg 昨晩はサタン(悪魔)を見ることができずに朝を迎えた。一気に疲れが出たために、別のホテルでディナーの招待を受け、食べて帰ってきてベッドにコロンしたまま朝になっていた。ムッチャ行きたかったホテル内のバーにも行けずで涙。撮影のためにあけてもらってパシした一枚。上海バー。まるで映画のセットのような空間。

b0090333_20425627.jpg そして朝ごはんはプールサイドのレストランで、マドゥラ料理をいただいた。インドネシア生活15年近いけれど、マドゥラ料理を食べたのは初めて。スマトラのパダン料理に似た緑色のサンバル(緑唐辛子を使ったかなり辛いスパイス)を使ってて、私の好み。ココナツもたっぷり使ってある。満足~~~。


b0090333_20431017.jpg ホテルのマネージャーに、昨日できなかったホテル・ツアーをしてもらった。このトゥグ・ホテルには元インドネシア大統領であり、初代インドネシア大統領スカルノの娘でもあるメガワティのご用達ルームがあるのだ。ここを特別に見せてもらうことに。

 なんたって、1泊1000万ルピア(約13万円)だから、イイに決まってる。だんなと一緒の時にはこの部屋に泊まり、一人の時には4ジュタの特別室に泊まるんだと。お金の使い方が一般ピープルとは違うわな・・・。

 今回の東ジャワの旅、スラバヤに到着してからすぐに南へ下りてトゥレテス、バトゥ、マランと巡ってきた。そして今日からスラバヤへ向かう。北上する途中にあるツーリスト向けの小洒落たレストランですでに私のランチがセッティングされていたので試食することに。


b0090333_20434242.jpg
b0090333_2044128.jpg
 ちょっとオカマの入った兄さんがやってるワルン・バンブーのジャワニーズ・セット・メニューがコレ。いろんなものをちょっとずつ試せるので、初めて来た人にはなかなかいいかも。味もよし。ご飯もナシ・ゴレン(焼き飯)、赤ご飯、ターメリック・ライスにパンダンという葉と一緒に炊き込んだ緑色のご飯など、見た目にもキレイ。緑ご飯は香りもよくて美味しかった。

 スラバヤの中心地へ向かう前に、結構楽しみにしていたスラバヤ・ズーへ。
 アジア最大なんて日本のガイドブックが言うから、気合入れて入園したものの・・・

 園内は人っ気も少なく、店もあまり開いてなくってヤル気なし状態。大丈夫か、スラバヤ・ズー? 昨日運転手が
「スラバヤの動物園なんかより、サファリ・パークの方が断然イイですよ!」
って言ってた意味がわかった。
 がしかし、私にとって大事なのは猿。早足で猿たちのエリアへ向かうと、いるいる!


b0090333_20443328.jpgb0090333_20444588.jpg

猿。


b0090333_2045858.jpgb0090333_20452143.jpg
サル!

b0090333_20453630.jpg
シャルたち~~~・・・



b0090333_2046137.jpg 確かに、サルたちはかなり広いスペースもらって、檻もなく、それなりにいい環境の中にいたのでほっとした。でも、ギボンが一人で檻に入れられてて、私がいったら手を握ったまま
「キュ~~・・・」
と鳴いて離さないので、この子だけがかわいそうだった。


 こんなウルウルの目でじ~~っと見られてみ。こっちから手を離すことなんてできなくなるから。
 ヘンな日本人のオバチャンがギボンと手をつないでボソボソ喋ってるから、他の客が引いてった。1時間くらいこの子の手を握って相手してたけれど、閉館時間が近づいてきて、人もいなくなってきたので、やむを得ずこの場を去ることにした。今もこのギボンのことを思い出すとちょっと胸が痛い。


b0090333_2192021.jpg 今日のホテルも期待していた一つ。マジャパイト・ホテルは1910年の建物を使っているスラバヤ市内でも一番古いホテル。日本軍が占領していたいっときは「YAMATO HOTEL」として日本軍のVIP宿泊に使われていたという。


b0090333_20463661.jpg 私の部屋は一番奥にあるスィートルーム。広いっ!調度品がアンティークでよろしい!
 マネージャーに迎えられてチェックインした後、すぐにディナーに招待された。このホテルがもっとも自信をもってるチャイニーズ・レストラン。


 今回の旅、ツーリストを呼ぶための日本語本を作ることが目的なので、いろんなものを私が試さなければいけないのはわかるけど、毎回人と一緒、それも初対面の人と話しながらの食事なので、正直100%食べ物を味わえないのが残念。ファイブスターのレストランで毎回タダ飯なんだから、そんな贅沢言っちゃ~いけないんだけれど、「美味しいモノ」ってのは、単純にその食べ物まんまではなく、食べる環境、相手などの外因がすっごく影響するんだなーってことを今回つくづく感じた。 

 それでもこのマジャパイト・ホテルのマネージャーは40半ばくらいの気の若いオッチャンだし、もう一人はアシスタントの姉ちゃんだし、気兼ねなくワイワイ喋りながら食事できたので、全然楽しめた。思い切り食べて、さらにアボガドとタピオカを混ぜて半フリーズさせたムッチャ美味しいデザートまで食べさせてもらって満足。
 さらに今日は、このホテルに入ってるSPAまでお試しがついてるからもう、何も言うことなし~~~。1時間半、しっかり全身マッサージしてもらって、今日の寝つきもバッチリよし。明日こそはホテルのプールで泳ぎたい!
by midoriart | 2007-05-05 20:41 | Indonesia