Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

バギオのクレイジー親父、キドラ

 午前8時に国際交流基金Bさんの運転手さんが迎えに来てくれた。今日から2泊3日のバギオの旅。バスで6~7時間かけて行くのが一般的ではあるが、多忙なBさんは一泊しかできないので、行きは試しに飛行機にした。Bさんが使用した過去2回はオンタイムだったのに、今日はなぜか遅れてボーディング。生まれて初めての18人乗り。ムッチャ小さい。スチュアーデスは早口で救命ベストの説明をしてとっとと飛行機を降りて行く。

b0090333_0503810.jpg 私とBさんは一番前で、薄い壁隔ててパイロットの話し声が丸々聞えてくる。するとパイロットがパラっと壁の端を開け、こっちに向かって言う。
「今、バギオから連絡がありまして、視界1キロとのこと。状況がミニマムなので、いったん降りてください」
ってさー、じゃー最初から乗せるなよ~・・・

 結局10時半発の飛行機は12時に欠航を決めた。我々は慌てて払い戻しをし、そのまま空港タクシーに乗り換えた。そして午後6時ようやくバギオに到着。

 私のアーティスト・トークは今日午後4時を予定していたので、こちらは皆さんに待ってもらって遅れてでもやることになった。ホテルに着いて15分で準備をし、そこから歩いて5分にあるVOCAS(ボーカス)へ。

b0090333_0512556.jpg 今回Bさんが私に紹介するためコンタクトをとってくださった2人のアーティストがいる。その一人、Kidlat Tahimik(キドラ・タヒミ)は山形映画祭へ4度、その他福岡アジア美術館、ベネチアビエンナーレへも招待されている有名なフィルムメーカー。Bさんも大好きなアーティストだという。彼が最近クレイジーなスタジオを作ったので、そこに私を連れて訪問がてら、彼の友人アーティストを呼んで私のアーティスト・トークをやろうというのが今回の企画だった。

b0090333_0521486.jpg VOCASは普通の雑居ビルの5階にあった。いきなり入り口からアントニオガウディ。最上階の天井はやたら高く、ヨーロッパの電車の駅構内を髣髴させる。中はまるでディズニーランド。あまりにゴチャゴチャといろんな説明に悩むのだけれど、ガウディとディズニーランドのカリブの海賊、幽霊屋敷を足して3で割ったような感じか。確かにクレイジーな空間。さらに黒澤に影響を受けて作ってみたという水車がホントにビルの中で水を受けて回っている。あまりにイっちゃってる場所で、私は唖然。


b0090333_153497.jpg
 そんな中でBさんの持ってきたプロジェクターと私のノートPCを接続してみるのだけれど、コードの接触不良なのか、どうしてもスクリーンに投影ができない。
 時間には遅れ、プレゼンテーションするための準備も整わない。フツーの日本人だったら慌てるところだろうけれど、Bさんは過去4年インドネシア勤務。さらに私。
「いやぁ~、困っちゃったねぇ~・・・」
と笑いながら、次々につがれるローカル・ビール呑みながらあーでもない、こーでもないとコードいじりまわること2時間。結局最後にはVOCAS持ち主、クレイジーなアーティスト、キドラさんが
「もういいからこっちで飯にするぞ」
と我々を窓際のテーブルへ呼んだ。

 すでにその時点で30名ほどは集まっていたのだけれど、彼らは彼らで待ってる間も飲んで歌って太鼓叩いて叫んでるので、アーティスト・トークがあろうがなかろうがお構いなし。私たちが食事をしながら話していると、アーティスト・トークを予定していた場所から火が上がっている。これビルの中、それも5階なんですけど・・・

b0090333_0541437.jpg 近づいてみるとさっきまで太鼓叩いて盛り上がってた若いアーティスト達が、火を囲んで銅鑼鳴らして踊り始めている。ルソン島北部の山岳民族の踊りらしい。バリのガムラン音楽の銅鑼が高音の強いリズムを刻むのにも似ている。バリの場合は本当のトランス状態になっちゃう人もいるけれど、今晩の彼らはすでに酒でイっちゃってるようだ。

 もともと地元臭の大好きなBさんも一緒になって踊りだす。そして次には私も誘われてその輪の中へ。アーティスト・トークはどこへ??? にしてもいきなり初日から強烈なアーティストと出会ったもんだ。さらに、今日の企画を準備してくださっていたのが、バギオ在住の日本人Mさん。彼女はキドラと親しいミュージシャン、アーネルさんの奥さん。なぜか会うなりマブダチ・モードで親しくなり、クレイジーおやじと3人で記念撮影。

b0090333_055626.jpg

 飛行機は飛ばない、プロジェクターは使えない、踏んだり蹴ったりのバギオ初日ともいえるけれど、不思議と私は濃い~人との新たな出会いに嬉しくてしかたない。
by midoriart | 2006-08-11 23:55 | the Philippines