Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

ケソンの一番長い日

 昨晩中に終わらなかった英語のテキストをなんとか終わらせ、プリントアウトしに生協まで歩いていった。一番最初のレクチャーの時はなんとかなると思って何も原稿を作っていかなかったので、ちょっとしたところで言いたい言葉が英語で浮かばずに困った。今日はそんなことのないように、プレゼンテーションする内容をチェックし、言いたいことがちゃんと英語で言えるかを調べ、スルッと出てこない単語は書き出しておくなど、抜かりなく予習しておいた。UP(フィリピン大学)内に寝泊りして予習なんてしてると、真面目な学生みたいだ。

b0090333_130599.jpg 午後12時半、有能なアシスタント、アマンダちゃんに迎えに来てもらってホールへ。思ってたほどの広さじゃなかったけど、逆にそこに100人以上入ってくるから床に座り込みもアリになってしまった。今日は3時間のアーティスト・トーク。前半は今ジョグジャでやってる「こどもプロジェクト」について、そして後半で作品を紹介する予定でまずは私の今住んでる場所での活動から話し始める。

b0090333_1304390.jpg がしかし、被災地の様子、救援パックの始まりからブログのこと、どんどん義援金のメンバーが増えたこと、困ったところに東が現れたことなどを話していくうちに、聞いてる学生がムチャ入り込んじゃってるのがわかるもんだから、こっちも興奮して話しまくってしまった。気づいたら地震話ですでに2時間近く過ぎていた。だって手前に座ってた何人かの女教授たちが、乳オンリーパックを受け取ってるママたちや、松葉杖の少女とかを見てウルッ・・・ってしてる顔が正面で見えるので、ついこっちまでいろいろそのときのことを思い出して目頭が熱くなったりした。
 特に「こどもプロジェクト」が始まり、ロゴができ、オリジナルTシャツが完成し、テントの子供たちみんなに配った写真を見せたときには、会場全体から
「オォ~・・・」
と喜びの声が上がったのが嬉しかった。

b0090333_1311544.jpg
そして後半はさらっと作品紹介をして、最後30分は学生や先生からの質問を受けた。数人の学生から作品のテクニカルな部分に関する質問を受けたあと、美術学部の女教授が立ち上がり、
「私は彼女を日本人アーティストだとくくることはしません。アジアのアーティストだとは言えるかもしれないけれど、仏教もヒンドゥー教もキリスト教もミックスされた環境で育ったミドリはもう、ただミドリなのよ。誰でもなく、ミドリそのものよ!本当に感動したわ!」
って、この人は去年UPを訪ねたときに知り合った人なんだけど、イイ年してるくせにとっても乙女チックな人で、そこまでは言い過ぎ~ってくらい一人で感動してくれてた。

 また、今日から日本の女性アーティストSさんがリサーチを兼ねてUP入りしていて、今日のトークに出席してくださったのだけれど、彼女が
「このプロジェクトはもう完璧にヒロタさんのアーティスト活動の一部ですよ。切り離したものではけしてないですよ。私には第1部も2部も、同じヒロタさんの作品のように見えたわ」
と感想を話してくださり、これもとても嬉しいコメントだった。
 

b0090333_1314939.jpg 後片付けしてそのまま個展会場へ。メイ女史、アマンダちゃんの他に学生二名、さらにスポンサーである交流基金の現地スタッフ、バンビさんまで来てくれた。そしてなぜか今日はやたらと親切な画廊オーナー。やはり基金のディレクターBさんの言葉が効いたのか?全員にコーヒーやスナックまで出てくるサービスぶり。あ、そうそうだってアーティスト・トークにまで来てくれてたもん。これはBさん効果かも。

b0090333_1321963.jpg 本当に頭の回転が速いアマンダちゃん、今日から生まれ変わってサービスのいい画廊オーナー、ピーウィーのおかげでどんどんセッティングが進む。さらに、何を手伝っていいかわからないメイ女史の教え子の男の子にはドキュメント撮影を頼んだので、こうしていっぱい仕事中の写真が記録として残せた。1,080体のヒト、やはり今回も数人が被災(?)してた。8箱に入れてジョグジャから送った中で50体余りが使えない状態。今回樹脂で作ってこれだから、もし陶だったら被災率は確実にもっと高くなっていただろう。

b0090333_1334238.jpg 午後5時から始めたセッティングは、多くのアシスタントのおかげで10時前には終了。といっても、まだ完璧な終わりではなく、画廊の作家紹介テキストや、私の作品コンセプトを記したプリントの設置が残っている。けど、これは明日のオープニング前に2時間もあればいいだろう。
 セッティング中にメイ女史に電話があり、私に用事だというので何かと思ったら、マニラで発行している日本字新聞からで、明日展覧会の取材に来たいとのこと。インドネシアにも「じゃかるた新聞」という日本字新聞があるけど、やっぱりここにもあるんだなー。明日のオープニングには去年知り合ったフィリピンのアーティストも来てくれることになっている。いろんな災難もあったけど、とりあえず今回のスケジュールの中で一番キツかった一日を乗り越えてホッと一息。にしても、本当にアマンダちゃんパワーがスゴイ。今回の私のラッキーはなんといってもアマンダちゃんだな。

b0090333_1325576.jpg

 明日は一度目覚ましかけずにいよっと。身体が休みたいとこまで寝て、それからオープニングの準備にかかればいい。まだまだオープニングまでは気を抜けないけれど、予習がなくなっただけでも随分気が楽。今日はまだ作品の全体像はお見せしませ~ん。明日、オープニング前に撮影するのでその報告は明日!(でもフィリピンの展覧会オープニングでは仲間が集まって朝まで飲み明かすらしいから、明日の報告をアップするのは翌日になってるかも)

==================================
◆救援パックの参加は7月27日をもって終了させていただきました。ご自分のサイト、ブログ等でリンクのある方は、その旨お知らせくださいますよう、お願いいたします。

◆東って誰?って思う方は、当ブログの「新たな仲間登場」
http://midoriart.exblog.jp/d2006-06-05を見てください。
◆「救援パック・プロジェクト」隊員って誰?って思う方は「ジョグジャ救援パック小隊:隊員紹介」
http://midoriart.exblog.jp/d2006-06-14を見てください。
◆救援パック・プロジェクトの1ヶ月の会計報告は
http://midoriart.exblog.jp/d2006-06-27を見てください。
◆救援パック・プロジェクトの2ヶ月目の会計報告は
http://midoriart.exblog.jp/d2006-07-23を見てください。
by midoriart | 2006-08-02 23:55 | the Philippines