Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

いきなりのドンデン返し

b0090333_22124431.jpg 朝から雨。午前中に歩いていける距離にあるコープで買い物をし、作品に使うデジタルプリントが可能な店をチェックしてきた。宿出たら後はこんな景色が延々と続くUP(フィリピン大学)構内。本当にこのキャンパスは広い。少なくともインドネシアにはここまで広い国立大学はないな。日本にもないんじゃないだろうか。
 コープ(生協)とミニマーケットの中はさすが大学、コピー屋、インターネット屋が連立している。食堂やUPオリジナルグッズ売ってる店、ダンキンドーナツなんかもある。作品のタッチアップで必要なノリやはさみなどは生協へ行って探した。それにしてもスゴイわ、UP生協、ワインが各種取り揃えて売られている。日本の大学生協にも酒類って売ってるんだろうか?
b0090333_22154424.jpg


b0090333_22172225.jpg で、今日見つけたなかの優れものはなんていってもこの「ウベケーキ」。そう沖縄では有名な「ウベ芋」。パンダンってのは香りのいい葉っぱ。日本で柏餅があるようなもんかしら。菓子問屋に生まれた私は菓子センスには自信がある。どんな国に行ってもまずはハズさない。


 2日前にアマンダちゃんとオーダーしたローカル布の座布団を縫ってもらったオジちゃんとこにも寄る。ちゃんとできてました~。このオジちゃん、仕事きれいだわ。イスラムの影響がありそうなチェッカーの座布団が24個できました。これで全部で1000個越した!よかった~。この24個はアマンダちゃんが夜なべで綿詰めて仕上げてくれる。感謝。
b0090333_22261782.jpg


 昼はマニラにあるナショナル・ミュージアムの学芸課長パトリックと1年ぶりに再会、ランチを一緒した(彼の話はまた次の機会にする)。来週は一緒に美術館巡りをする約束をし、個展会場のグリーンパパイヤで作品設置するために降ろしてもらった。ところが・・・

 ディレクターの妻は現代舞踏家、私のヒトが設置されるフロアーで、彼女が踊ってるじゃないか。
「は?」
今から私はこの場にカーテンを取り付け、夕方には届けられる1,080体のヒトをセッティングするんだよ。なんでこの妻、優雅に踊ってるわけ?
 話すと長くなる。かいつまむと、今回私がマニラに来たのは二つのプログラムのため。大きくわけるとUPでのアーティストトークとワークショップ、そしてグリーンパパイヤでの個展、これすべてを「日本-フィリピン友好年」にかけて、国際交流基金のBさんがサポートしてくださったのだ。関わっているのはUPのメイ女史とグリーンパパイヤのディレクターであるピーウィー、そして私。今までに、私とメイの間のコミュニケーションに問題はなかったのだけれど、ピーウィーは今ひとつ第3者的だった。こっちに来てみてそれがよくわかった。ってか、画廊代表としての責任感とかまったくないわ、この人。

 近く妻のダンスのイベントがあって、その撮影をするため、ギャラリーは水曜まで使えないというのだ。だったら最初に言えよ!今まで何度も私は彼に携帯メッセージを送り、セッティングでそっちに行くよって連絡してるのに、今になって何とぼけたこと言う??? 
「水曜はボクも一日空けてるからちゃんと手伝うし」
ってねー、私の展覧会は木曜オープンだっちゅーの!2~3枚の平面作品をさっと壁にかけるのとは訳が違うんだわ、私のは。1,080体のヒト並べるだけでも、どれだけ時間がかかると思ってんだ?さらに、水曜日はUPの大講堂でアーティストトークが午後4時まで入ってる。そんなんの後でくたくたになって、作品設置しなくちゃならないのか???

 メイ女史も、交流基金のスタッフも画廊側に抗議してくれたけど、どうしようもない感じ。でも、インドネシアに長く暮らしてた成果が今日発揮された。つまり、こんなときに
「何をいっても始まらんわい。なるようになるさぁ~」
って思ってしまえたってこと。これは絶対にインドネシア効果だと思う。つまり、世の中には自分の努力ではどうしようもないことがあって、それに抵抗しても、無駄な労力使うだけなのだ。流れていた方がイイ。
 口で言うのは簡単だけど実際にはそう簡単にこの極みには達せず、ピーウィーと電話で口論になりかけたし、腹ん中じゃ相当ムカついたけど、逆に言えば、アーティストたるもの、どんな状況の中でもベストを尽くすべき。なのかもしれない。もともと時間のない中でここまで作品作って持ってきたんだから、今から弱音は似合わない。こうなったらどんなに短い時間でも、最高のモノにしてやる!くらいに思えてきた。

 全然関連がなさそうに見えるけれども、この2ヶ月被災地で活動し、370名以上の皆さんから義援金を託されたという事実が、今日の突然の苦境においても、「なんとかなる。こうなったらなんとかしてやる」っていう前向きな思考を与えてくれたような気がする。

b0090333_22194820.jpg 夕方ホテルに寄ってくれたアマンダちゃんと、生協で食べた夕飯がすっごく美味しかった。人間ってスゴイなー、どんな苦境でも、美味しいもの食べると幸せになれる(私だけ?)。今夜食べたのは牛肉そぼろに半熟卵の乗っかったフィリピンのメジャー飯「タプシロッ」と、アマンダちゃんお勧めの地方料理。ココナツミルクいっぱいで最高に美味い!
b0090333_222033100.jpgこれは滞在中に絶対もう一度は食べる!美味しい夕飯のおかげで、ムカついてた気分もおさまってきた。明日は穏やかな気持ちでワークショップにのぞみたいものだ。


==================================
◆救援パックの参加は7月27日をもって終了させていただきました。ご自分のサイト、ブログ等でリンクのある方は、その旨お知らせくださいますよう、お願いいたします。

◆東って誰?って思う方は、当ブログの「新たな仲間登場」
http://midoriart.exblog.jp/d2006-06-05を見てください。
◆「救援パック・プロジェクト」隊員って誰?って思う方は「ジョグジャ救援パック小隊:隊員紹介」
http://midoriart.exblog.jp/d2006-06-14を見てください。
◆救援パック・プロジェクトの1ヶ月の会計報告は
http://midoriart.exblog.jp/d2006-06-27を見てください。
◆救援パック・プロジェクトの2ヶ月目の会計報告は
http://midoriart.exblog.jp/d2006-07-23を見てください。
by midoriart | 2006-07-31 22:09 | the Philippines