Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

淋しがり屋のディビッド

 今泊まっている宿はフィリピン大学(以後こっちの人みたいにUPと略す)構内にあるので、日曜は静かなんだと思ったら、近くに隣接している教会があるため、礼拝に来る人でそれなりに人出が多いことがわかった。さらに遠くからずーっとライブの音が聞えてくる。若者がなにかイベントでもしれるみたいだけれど、なんせ昼からはずーーっと雨で、結局出かける気もなくなり、一日を部屋で過ごすことになってしまった。
b0090333_23214869.jpg なんか暗~い人みたいだけれど、そうじゃなくて昨日買った布を縫うという結構時間のかかる作業があったので、これしてたらあっという間に時間が経ってしまったのだ。さらにPCを使って編集しなければならない作品パーツもあるので、今日は1日デスクワークってことにした。

 メイ女史が近くの教会礼拝に出た帰りに、旦那さんと娘さんを連れて寄ってくれた。制作状況やその他困ったことがないか心配してくれたみたいだ。旦那さんはおとなしそうなイイ感じの人だった。メイさんがやり手だから尻に引かれてそうだけど。
 ここの宿はセキュリティがしっかりしてて、部屋に訪問客を連れ込めない。だからメイさんともフロントでお話ししていた。気になってる市場や画廊へのアクセスの仕方、いろんな種類の交通手段があるので、それぞれの注意点などをメイさんが私に説明していると、突然話しに割り込んでくる白人オヤジがいる。フロントの別テーブルでいっぱい本を広げている。聞けばUPの学生で1年半ここにいるという。
「OK、OK。フィリピン人はイイ人だし、困ったことがあれば私が教えてあげるから大丈夫」
 我々はとりあえずアリガトウを言い、自分たちの用件を済ませ、メイ女史は休日を家族と過ごすために帰っていった。
 
 この割り込み白人の名はディビッド。思い切り広げてた本は「日本語の基礎」「漢字の勉強」などなど。なんでフィリピンで日本語学んでるのかよくわからないんだけど、NYではコピーライターしているらしい。言葉に関してはプロなので、私の略歴とか、作品についてのテキストが英語で欲しければいつでも手伝うと言ってくれた。散らかった机(それも私物じゃなくてフロントの公の場所なんですけど)の上には本や辞書に混じって猫のえさ。よく見たら椅子の下に2匹の猫がゴロ~ンとしていた。なんだ、淋しいオヤジかよディビッド。
 それでも、ちょうど今日はPC仕事の中で、私の新作コンセプトを英語・日本語・タガログ語でシンプルにまとめ、会場でピンナップする箇所があったので早速淋しがり屋のディビッドおやじに私の英語のチェックを頼んだら、やたら嬉しそうに添削してくれた。ありがとう、赤ペン先生。にしても、くどいくらいに私の略歴とかもチェックしてやる!って言ってくる。よほど友達ないと見た。淋しがりのディビッドおやじ、せっかくなのでこの機会に私の略歴などなど、英語版のチェックをお願いするとするか。とにかく今日は彼のおかげで難関だった英文テキストをクリアできた。

b0090333_23222989.jpg そして今日は、国際交流基金のBさんとの夕食会の日。午後7時を待って支度していると、キッカリにBさんが迎えに来てくれた。今日はもう一人の基金スタッフIさん、フィリピン在住の日本人Yさん、そして従軍慰安婦のリサーチで自費留学している女性一人、以上日本人5名でのディナー会となった。私が今泊まっているUP周辺はケソン・シティっていうんだけど、学生相手の洒落た店が集まったエリアがあるそうで、今晩はそこでの宴。
 こっちに来るなりBさんから
「ヒロタさん、UP構内は夜は真っ暗になるから、お願いだから一人で夜歩きはしないでね」
って言われていたので、まだ夜の街を私は知らない。今日はなかなか楽しかった。

 つい最近カラオケ屋で知り合い、フィリピーノ嬢と結婚した演出家のYさんの話や、極貧学生生活しながら従軍慰安婦調査してる女性の話はなかなか面白かった。フィリピンはフィリピンで、インドネシアに暮らす日本人とは別のタイプ、目的をもった日本人がいるんだなぁ・・・。今回初で呑んだサンミゲル・ビールも美味しかった~。Bさん、ご馳走様でした!

b0090333_23264480.jpg そうそう、昨日宿近くの生協で部屋にストックしておく菓子や飲み物を確保したんだけど、その中から優れものを紹介。これはアシスタントのアマンダちゃんが勧めてくれたフィリピンのポピュラーな菓子。なんか日本でも食べたことあるよな味だわ。小麦粉・砂糖・牛乳・卵・ピーナツバター・マーガリン・塩・チーズ・オイル・胡麻が原料。むちゃ甘くなくて食べやすい。

b0090333_23232940.jpg

 もう一つは「イイアジ」ってスナック。中にディップが入ってて、それにつけながら食べるという、もう間違いなく高カロリーなスナック。でもこれは美味いわ。私が買ったのはチェダーチーズ味のディップがついてるもの。やはりフィリピンでも日本っぽいのは売れ線なんかねぇ~。

b0090333_23235382.jpg もう一つ、工具大好きな私が見つけたコンセント。日本と同じ形のもので、カラフルなのがイイ!これはジョグジャでは(インドネシアといってもいいけど)形態が違うのでなかなか手に入らない。気にいったので全色購入。アマンダちゃんも昨日1日私と一緒に回ってみて、私は何者かが少しつかめたみたいだ。
 屋台で豚煮を食べようとしたときも
「ミドリ、あなたのお腹はセンシティブじゃない?大丈夫?」
って心配してくれたけど、私は日本から来てません。被災地ジョグジャの不衛生極まりない場所から来てるので、そんな心配はいらん。さらに、工具や電気のパーツを見ると目を光らせる。彼女にはちょっと珍しい人種に見えたようだけれど、賢い彼女はすぐ全体を把握してくれ、私のツボにはまる場所を紹介してくれた。頼もしいアシスタントだ。
 
 今日は話が飛び飛びだけど、いろんなことをまだ吸収、見聞している最中でございます。面白いところからまずは皆さんに報告していこうと思う。明日はフィリピンの布で作った座布団が縫いあがってくる。午後からは今度こそ本当にギャラリーに入ってディスプレィの始まりだ!

==================================
◆救援パックの参加は7月27日をもって終了させていただきました。ご自分のサイト、ブログ等でリンクのある方は、その旨お知らせくださいますよう、お願いいたします。

◆東って誰?って思う方は、当ブログの「新たな仲間登場」
http://midoriart.exblog.jp/d2006-06-05を見てください。
◆「救援パック・プロジェクト」隊員って誰?って思う方は「ジョグジャ救援パック小隊:隊員紹介」
http://midoriart.exblog.jp/d2006-06-14を見てください。
◆救援パック・プロジェクトの1ヶ月の会計報告は
http://midoriart.exblog.jp/d2006-06-27を見てください。
◆救援パック・プロジェクトの2ヶ月目の会計報告は
http://midoriart.exblog.jp/d2006-07-23を見てください。
by midoriart | 2006-07-30 23:20 | the Philippines