Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

名古屋のギャラリー巡り

 久しぶりに彫刻家の知人と一緒に名古屋のギャラリー巡り。とはいえ、会うのが久しぶりだったから、どっちかといえば互いの近況報告がメインだったんだけど。まずは古川美術館で、互いの知人が参加してる爲三郎記念館特別展「7つの旅~現代作家による響演」を見る。
 

b0090333_11204243.jpgその次はずっと気になってたC・スクエアの「森山大道」展。
 いつもここ来ると思うんだけど、毎回いい企画やってるこのギャラリーが、なぜ中京大学の中にあるのかってこと。ここの学部構成みてて、美術に興味ある子がどの程度いるのかよくわからないけど、学外に開かれたギャラリーであるなら、もう少し、せめてキャンパス内のわかりやすい場所にあればいいのに・・・と。
 今回は、新しくなった中京大学の中をちょっと探索してみた。

b0090333_11272972.jpg 昔をそんなに知ってるわけじゃないから、どこがどれだけ変わったのかはよくわからないけど、見るからに新しい部分がリニューアル部分と思われる。これは館と館との間にあるデッキ。まるで地方都市のアウトレットの休憩スペースみたい。


b0090333_11284387.jpg これは明らかに新しい館。この吹き抜けとか、ちょっと愛知芸術文化センターを思い出したりして。


b0090333_1129269.jpg こんな感じで館と館がつながってるんだけど、う~~~~ん・・・何というのか。全体のまとまりが今ひとつ。。。


b0090333_113010100.jpg 個人的には、おそらく旧館と思われる、こんな近代建築のコンクリート打ちっ放しみたいなほうが、重厚で良いと思うんだけど、真新しいほうが、どうも軽薄に見えてしまっていけない。きょうびの若者は単に新しければいいのか?そうとも思えないんだけどなぁ・・・
というか、きっと統一感がないってことが、一番の欠点ではないかと思う。


 私は別に中京大学になんにも恨みもないし、C・スクエアのようなよいギャラリー入ってるし、中学と高校時代の体育の先生は中京大学出身だったし、悪口言う気は毛頭ないんだけど、なんというか・・・最近の大学にありがちな、わりとインスタントなリニューアルの風潮には、ちょっと賛成できないな~というのが本音。
までも、ここは図書館も充実したらしく、一般利用客をどんどん誘ってるらしいし、社会貢献もできる大学という感じで、八事で市民のための空間になっていったらいいのかも。まま、私も引き続きCスクエアへはお邪魔いたします。

 その後、せっかくなので原にあるトライバル・アーツという喫茶店兼フェアトレード販売兼ギャラリースペースみたいな店を見て、茶~して、今日のギャラリー巡りは修了したのだった。
by midoriart | 2013-04-30 11:17 | Art