Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

宗廣コレクション:芹沢銈介展

 2月最後の日曜日、ずっと気になっていた岡崎市美術博物館の『芹沢銈介展』を見に行ってきた。この日を選んだのには訳がある。展覧会に合わせ、濱田琢司氏の「民藝の思想と個人作家-蒐集と創造-」という講演があったからだ。民藝好きの芸大時代の先輩と同期を誘って名古屋から小一時間のプチドライブ。

b0090333_22463998.jpg 別名「マインドスケープミュージアム」と呼ばれる岡崎市美術博物館は岡崎の中心からはちょっと離れた広大な公園内にある。車じゃないとかなり行きづらい場所だ。この奥に見えてるガラスの建物がそう。

b0090333_22265733.jpg 駐車場から歩いていくと、1995年栗生明によって設計された美術博物館が見えてくる。ガラス張のこの感じ、入ったらすぐに地下階へ向かうエスカレーターがある感じ、私は大阪の国立国際美術館を思い出す。
 そしてまずは入場券を買い、13時からの講演会入場整理券のために並ぶ。こういうものに並ぶという行為が、なんだかコンサートを待ってるような感じに近くて、私は一人わくわく感が抑えられない。芹沢銈介の展覧会で、民藝についての講演なので、待ってる人は言っちゃ悪いが私より上の世代の方ばかり。でもこんなにたくさんの人が講演会とかに興味があって、わざわざ整理券のために並ぶんだな~と、少し驚いた。


b0090333_22304810.jpg 整理券を無事にGETし、講演前にまずは腹ごしらえ。ここのレストランは景色がよくて気持ちがいい。しっかり食べて定員70名のセミナールームへ。濱田琢司氏の今日の講演は民藝のおこった時代のこと、その思想から蒐集についてまでのおおまかな話。民藝運動の中心人物ともいえる濱田庄司(左)、柳宗悦(中央)、河井寛次郎(右)らの写真なんかも出てきた。講聴者の中には、よもや今日の講演者があの益子の人間国宝、濱田庄司の孫とは知らずに参加した人もいたようで、学芸員からそんな説明があったら、「お~~~~・・・」と低く小さなどよめきが起こっていた。


b0090333_22562914.jpg 講演が終わってからようやく展覧会を見る。今回の展示品はなんと個人コレクション!染色家宗廣陽助氏が中年かけて蒐集した芹沢の作品はよく見られる作品以外にガラス絵や板絵などもあったりして、その数と種類には驚かされた。私がとくに好きだったのはガラス絵群。

b0090333_22373870.jpg 芹沢が強く影響を受けた沖縄を感じる作品も多々あった。


b0090333_22382231.jpg 棟方志功のときも、河井寛次郎のときもそうだったけれど、彼らの作品を展覧会で見ると、作品そのものよりも、彼らの生き方が強く前面に見えてきて、その真摯さに打たれる。地道な作業の繰り返しの中で、常に一つを追究していった姿勢に頭が下がる思いがする。
 今回も、素材と丁寧に真面目に向き合うことの大切さや、人として日々感謝する気持ちとか、そんなものを静かなトーンで教わったような、そんな展覧会だった。こんなに近いとは思わなかった岡崎市美術博物館。これからはもっとちょくちょく来てみよっと。
by midoriart | 2012-02-26 22:20 | Art