Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

南山大学建築ツアーその3★レーモンドのG棟

8月7日、南山大学で教鞭をとっている濱田琢司氏のガイドで、キャンパス内に多く残るアントニン・レーモンドの建築を回ったツアー報告の第3弾は先回に引き続きG棟。G棟はキャンパスを南北に走るメインストリートの両サイドにあり、それをつなぐ渡り廊下が2階にある。
b0090333_9561933.jpg
 写真右の扇型屋根がG棟の600人教室、左手に当たるのが「南山大学建築ツアーその2」で紹介したG棟の階段教室群にあたる。

b0090333_95841.jpg あの扇型の屋根は内側の構造とも密接に関係していて、そのままにそれが梁と天井の役割を果たしている。このコンセプトは神言神学院の礼拝堂とまったく同じだ。

b0090333_1001687.jpg 入り口の壁面には階段教室群を備えたG棟と同じくカトリックの信仰を表現したフレスコ画が描かれている。よく見てみると、かなり傷みがきているので、最初に描かれたときからどのくらい変わっているのかはよくわからない。なにげに置かれている木のソファもむちゃくちゃ味がある。


b0090333_1021768.jpg「実はこの棟のトイレもすごく古いんですよ」
という濱田氏の言葉で、女子トイレをのぞくと、確かにスゴイ。本物の石が使われてる!この小さめのタイル!レトロな高級感がなんともいえず良ろしい。手洗い場のやたらに広いスペースも、ホラー映画とかに使えそうな空間。

 このG棟の600人教室は、最近では使用頻度が減り、取り壊しなんていう話も出ているという。ここまで多くの学生を入れて講義するケースが少ないことと、昔の建築物にかかるメンテナンスの費用が莫大だったりもするらしい。愛知県立芸大の吉村順三建築取り壊しプランが出たときには、卒業生の建築家たちがみな反対の手を挙げたけれど、建築や美術の学部がない南山大学の卒業生・在校生に、レーモンド建築の意味が分かる人はあまりいないかもしれない。
 でも、南山大学の良さって、広いキャンパスの中で統一されたレーモンド建築が点在していることだと思うんだけどなー。もっとこの良さを伝えることだって、知識を広め伝える教育機関の役目なんじゃないかと思ったりした。


b0090333_1010461.jpg 悲しい運命のまっているG棟を出て、次に連れて行ってもらったのは体育館。今ではプールやサウナ付の近代的体育センターがこの正面に出来ているのだけれど、レーモンド製体育館も現役。彼がこの八事の土地で見つけて建築の基調色としたテラコッタの赤色が曲線のモダンなフォルムに合ってキレイ。


b0090333_1012142.jpg まぁ。。。現実的に機能的なのかどうかとなると、わからないけれど、建物はカッコいいよなぁ。裏に回ると日曜日だというのに、グランドにはたくさんの学生さんが若々しい声をかけあい汗を流していた。アメフトか?いいなぁ~~~、なんともいえず若者の園・・・

 レーモンド建築はまだまだ他にもある。残りはまた次回に。
by midoriart | 2011-08-13 10:14 | Art