Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

2月16日◇ムラピ火山噴火・奈良フリマ情報

 インドネシアのジャワ島、私が10年間くらしたジョグジャカルタの北部にある活火山メラピ火山が100年に一度の大噴火を起してから3ヶ月。被災直後から今までずっと現場で支援活動を続けている親友チャハヨに会いにジョグジャを訪ねてきた。
 2006年には中部沖でマグニチュード7を超す大地震で5000人の犠牲者を出したジョグジャカルタで、今度は噴火。ジョグジャ市民だけではなく現存するジョグジャ王からもご意見番として尊敬されたメラピ山の守人マリジャンが命を落とした。
b0090333_12232430.jpg
※火山灰と溶岩流で埋もれ消えた村

 熱雲と火山灰でメラピ山麓の村は死んでいた。焼け焦げたブロック、硫黄の臭い、灰を少し掘ればまだ中から湯気が立つ。
 昨年10月の噴火で地上に吹き上げられた噴出物はいまもメラピ山上に積もり、これが雨と混じり、巨大な岩石を伴って土石流となり、ムンティラン村の住民を襲い始めた。噴火以上に犠牲者を出し続ける二次災害だ。
b0090333_12233612.jpg
※夜村を襲った土石流のため、住民は貴重品を持ち出す暇もなかった

 今までKODOMOプロジェクトとして活動してきた我々は今、最初の噴火で被災した村の子ども、そして二次災害で今もまだ土石流の被害に避難生活を余儀なくされているムンティランの子どもたちへの支援を続けている。

★2008年ジョグジャカルタで開催された国際交流基金主催の美術展『KITA展』参加アーティストの一人奈良美智さんは私の大学の先輩でもある。奈良さんフリーマーケット中、ジョグジャの現状を写真と動画で報告する予定だ。
今までに義援金を託してくださった皆さん、ジョグジャのみんなのことを心配してこのブログにきてくださる皆さん、お時間があれば是非。

b0090333_12281050.jpg

《奈良フリマ》
 2011年2月27日(日)午後1~3時
 小山登美夫ギャラリー(清澄)



 2月15日、スガノキヨミさま、ミズノカヤコさま、山本誠ちゃん、カケガワユウコさま、森北伸君より、また2月16日にカワタユウスケさま、2月18日にカトウレイコさまより日本円で義援金をお預かりしました。「KODOMOプロジェクト:Merapi Eruption 2010」には現在までに100名8団体から996,232円と79,486,612ルピアが集まっています。
 皆様からの義援金はメラピ火山噴火の被災地、二次災害で今も避難生活をしているプティ川周辺の人々のために使われています。これからもKODOMOプロジェクトにあたたかいご支援をお願いいたします。

★我々KODOMOプロジェクトの活動がインドネシアで発行の『じゃかるた新聞』に掲載されました。

「KODOMOプロジェクト:Merapi Eruption 2010」
では今も皆様のご支援の気持ちをお預かりしています。義援金は以下までお送りください。

三菱東京UFJ銀行 藤ヶ丘支店(普)0441439 
廣田緑(ヒロタミドリ)

ルピアで送金される方は、
宛名 Cahyo Inda Wahono
銀行名 BCA(Bank Central Asia)
支店名 Ahmad Dahlan Yogyakarta
口座番号 1691754923
電話番号 (0274)886655
までお願いいたします


お送りいただいた義援金は、確認出来次第このブログ上で報告します。

by midoriart | 2011-02-16 12:30 | メラピ火山噴火