Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

1月19日◇ムラピ火山噴火・救援活動レポート46

 1月19日午後3時23分、スラバヤでの仕事を終えたチャハヨが、再びメラピ火山噴火の二次災害が大変なムンティラン地区へ入り、状況を報告してくれた。
b0090333_17295748.jpg

 昨日僕らはチャンクリンガンとムンティランの被災地を回ってきたが、まだ活動は再開していない。ここ数日の間に、様子がすっかり変わっていたよ。チャンクリンガンでは僕らが緑化活動で植樹した植木が今週月曜の豪雨によってすっかり流されてしまっていた。僕らのアイデアで始まったブロック作りのプログラムはたくさんの人が真似をして作り始め、ついにはチャンクリンガンにたくさんのブロック職人がいたよ。そして自分たちでやる気になって生産もあがっていたんだ。これで彼らの崩壊した家屋の復興も早まることだろう。
b0090333_1730994.jpg

 ムンティランでは状況はより悲惨になっている。5つの村の300家屋がメラピ火山からの土石流に呑みこまれ、やむなく非難テントと村の集会所に身を寄せていた。今日得た情報によれば、近いうちに村の近くに臨時避難所を政府が作るらしい。今のところ、彼らには生活費として一人当たり3,000ルピアを一ヶ月に渡って政府が負担することになったそうだ(私がジョグジャの屋台で食事をして一食約3,000~5,000ルピアなので1日一人3食3,000ルピアではほとんど何も食べられないに近い)。
b0090333_17301785.jpg

 明日はムンティランのコーディネーターと会って、今後この非難民のためにどういうプログラムを行うのが現実的かつ有効なのかを話し合ってくるよ。
b0090333_17303170.jpg
b0090333_17302689.jpg

※使用の写真はインドネシアの新聞Tribun Jogjaの本日のwebより引用。

 1月17日、モヒヨツさまより義援金をお預かりしました。「KODOMOプロジェクト:Merapi Eruption 2010」には現在までに91名3団体から908,732円と505万ルピアが集まっています。皆様からの義援金は被災地へ戻った村人への復興支援に使われています。これからもどうぞKODOMOプロジェクトにあたたかいご支援をお願いいたします。

★我々KODOMOプロジェクトの活動がインドネシアで発行の『じゃかるた新聞』に掲載されました。

「KODOMOプロジェクト:Merapi Eruption 2010」
では今も皆様のご支援の気持ちをお預かりしています。義援金は以下までお送りください。

三菱東京UFJ銀行 藤ヶ丘支店(普)0441439 
広田緑

ルピアで送金される方は、
宛名 Cahyo Inda Wahono
銀行名 BCA(Bank Central Asia)
支店名 Ahmad Dahlan Yogyakarta
口座番号 1691754923
電話番号 (0274)886655
までお願いいたします


お送りいただいた義援金は、確認出来次第このブログ上で報告します。

by midoriart | 2011-01-20 17:31 | メラピ火山噴火