Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

12月8日◇フィリピン滞在記・世界遺産の棚田へ

 今春、主にアジアでの活動が多い現代舞踏家、ミュージシャン、アーティストなどを誘って立ち上げたNPOスンダランド・アートネット。他の仲間と比べたら私がとりあえず事務能力が高いというだけのことで、代表理事になった。もっと事務や管理能力、人脈のある女性がいるのだが、彼女はフィリピン在住なのでいろんな手続きや日本での助成申請が難しいということで副理事。
 このスンダランド・アートネットの最初の活動に助成をもらうことができたので、今回は副理事のいるフィリピンでの事業と相成った。そしてルソン島北部イフガオ州、世界遺産の棚田がある村(フンドアン郡ハパオ村とバアン村)において、棚田の保全と日比友好のための「棚田コミュニティ・アート・プロジェクト」を開催するため、私は8日からフィリピン入りし、17~19日に開催される様々な事業のために準備を始めている。
b0090333_22523799.jpg  フィリピンは3年ぶり。今回はマニラに着くなり車で10時間かけてまずはバナウエまで。ここはマルコス大統領が観光発展のために作ったホテルが一軒ある。到着したのはなんと夜中の2時、ちゃんと名前入りで歓迎されてたので驚き。

 12月は雨が多い。だからこの日も霧の中。世界遺産の棚田は白い霧に霞んで何も見えない。翌9日は今回私が作品を設置するハパオ村の棚田へ。まずは現場を見ないことには、作品の最終プランが決められない。今回の「棚田コミュニティ・アート・プロジェクト」では、現代舞踏家JUN Amanto氏とミュージシャンが第二次世界大戦で多くの日本人兵が命を落としたこの場所で、慰霊のパフォーマンスをすることになっている。そして私は舞台芸術としての立体作品を制作する。

b0090333_22535095.jpg 使うのは、この棚田で収穫される稲わらの一部を材料とした手漉き紙。すでに現場ではわらを煮て、紙漉きが始まっていた。とにかく寒い北部の村で私は早速農夫の爺ちゃんらとこの稲わら煮こみ鍋炊きで暖をとった。

b0090333_22541074.jpg
これが現場の宿。一応町長さんがオーナーになっている民宿。


 b0090333_2255258.jpg部屋からの眺め。ほぼ田んぼの中の一軒家。私が約10年暮らしたバリの家からの景色に似てて懐かしい。

b0090333_22552534.jpg
宿の敷地にはサリサリ・ショップというよろずやがあるんだけど、ヨロズったって、あるものはこの程度。ほぼ何もないに近い。

b0090333_22561739.jpg
 朝ご飯もこの程度。でもこれが結構うまい。こっちはお米に醤油と酢をかける。これが意外と美味しくてどんなおかずにも合う。ただこの宿飯は油がよくないのか、後で胃にもたれたけど。それとも、帰り道のデコボコ&カーブだらけの道が胸焼けを誘ったのか。

 ここからとりあえず北部の街バギオへ。大まかな制作は3年前に1ヶ月ほど滞在し、個展もしたことのある馴染みのバギオですることになっている。ここにはフィリピンの映画界重鎮、ドキュメンタリー映画監督のキドラット・タヒミックが暮らしていて、私はまたもや彼の家にお世話になることになっている。
b0090333_22563848.jpg 帰り道、ようやく霧が晴れ、世界遺産である壮大な棚田を拝むことができた。なるほど絶景。バリにも多くの棚田があるけど、このスケールはスゴイ。高低さ、広さ、まさに世界遺産の風格。急峻な山岳部を切り開いて作られた棚田の景観と、森からの一筋の泉の水をすべての棚田にいきわたらせる灌漑技術は、「世界で8番目の不思議」と呼ばれているってのも納得。
b0090333_230353.jpg
 

 ここから数日間はバギオで制作。舞踏家、ミュージシャンの皆さんがフィリピン入りするのを待ちながら、14日にはフィリピン大学バギオ校の美術学部にてアーティスト・トークも控えている。英語のトークだからちょっとは予習もせねば。今回ものんびりはできないフィリピン滞在になりそうだ。

***********************************

「KODOMOプロジェクト:Merapi Eruption 2010」では今も皆様のご支援の気持ちをお預かりしています。義援金は以下までお送りください。

三菱東京UFJ銀行 藤ヶ丘支店(普)0441439 
広田緑

ルピアで送金される方は、
宛名 Cahyo Inda Wahono
銀行名 BCA(Bank Central Asia)
支店名 Ahmad Dahlan Yogyakarta
口座番号 1691754923
電話番号 (0274)886655
までお願いいたします。

お送りいただいた義援金は、確認出来次第このブログ上で報告します。

by midoriart | 2010-12-11 23:01 | the Philippines