Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

11月25日◇ムラピ火山噴火・救援活動レポート19

 11月25日午後10時33分、チャハヨからメールがきた。
 今日は子供用の服をダンボール10箱で受け取ったよ。送ってくれたのはデンパサール在住のPutu Hiromiさんだ。シャツとパンツのセットになっていて、2~10歳用のそれぞれのサイズがあるんだ、色もプリント柄もおもしろいよ。僕らでサイズを分けて、ぴったりサイズの合う子供たちへ配布する準備をしたよ。今はボヨラリとクラテンで現状調査中なんだが、できるだけ早くに子供に届けた写真をアップロードするからね。

 今日はUGM(ガジャマダ大学)の避難所生活者の多くが村に戻っていったが、まだ避難所に残っている人もいる。そういう人たちはコントロールしやすくするために、マグウォハルジョ避難所へ移ってもらったよ。だからこれから僕らは、マグウォハルジョ、スレマン県のパングカン競技場とユースセンターの3箇所の避難所を支援していくよ。
 
 UGM(ガジャマダ大学)避難所はグランガン緊急対応(GRE)のボランティアによってコーディネートされていたんだが、避難民は6台のトラックと数十台の自動車で村に戻っていったよ。そしてマグウォハルジョ避難所へ移る避難民は、僕らが軍のバスとトラックを借りて送り届けたんだ。移動する前に、今後のサポートのために彼らのデータをとって、これからも必要になる物資の支援をしたよ。とても感動的だったんだが、みんなが僕らボランティアに心からありがとうとお礼を言ってくれたんだ。「皆さんのおかげで被災した今も食べて寝ることができます。ご迷惑をおかけして本当に申し訳ない」と言われて僕らの疲れも吹き飛んだよ。「義援金をくださり、支えてくださった方にも心より感謝しています」と、避難生活者が僕らに言ったよ。ここで彼らからの感謝を君に預けるからね、日本の皆さんによろしく。

チャハヨ・インダ
b0090333_10585643.jpg

 25日「KODOMOプロジェクト:Merapi Eruption 2010」の活動のために振込みくださった方は、田村美奈さん。現在までに66名の方から743,232円が集まっている。また今日はバリ島デンパサール在住のHiromiさんより子供服の支援もあった。
 チャハヨへ預かった義援金や物資は、被災地で栄養不足な子供たちの食事サポート、被災地へ戻った村人への物資支援と復興支援のために使われています。これからもどうぞKODOMOプロジェクトにあたたかい応援をお願いいたします。
★我々KODOMOプロジェクトの活動がインドネシアで発行の『じゃかるた新聞』に掲載されました。

★ガルーダインドネシア名古屋支店インドネシア・コーナーの中でも、KODOMOプロジェクトの活動が紹介されています。

「KODOMOプロジェクト:Merapi Eruption 2010」
では今も皆様のご支援の気持ちをお預かりしています。義援金は以下までお送りください。

三菱東京UFJ銀行 藤ヶ丘支店(普)0441439 
広田緑

ルピアで送金される方は、
宛名 Cahyo Inda Wahono
銀行名 BCA(Bank Central Asia)
支店名 Ahmad Dahlan Yogyakarta
口座番号 1691754923
電話番号 (0274)886655
までお願いいたします


お送りいただいた義援金は、確認出来次第このブログ上で報告します。

by midoriart | 2010-11-26 11:00 | メラピ火山噴火