Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

11月23日◇ムラピ火山噴火・救援活動レポート17

 11月23日午後6時6分、今日二度目のチャハヨからのメール。

 今日は随分体調もよくなったよ、このままずっとこうであってほしいもんだ。今のところまだ危険勧告は出ているんだが、メラピ山麓はかなり落ち着いてきたよ。安全地域になった村人たちはすでにそれぞれの家に戻った。たくさんの避難所生活者が引きあげていくにつれて、たくさんの避難所がその役割を終えたよ。今日はUNY(ジョグジャカルタ大学)の大きな避難所も閉鎖された。村へ戻る人、マグウォハルジョの避難所へ移動する人がいた。
b0090333_19355680.jpg
※避難所で途方にくれる老婆

 メラピ山麓での活動もまた続いているよ。被災状況のデータ収集と物資支援は継続中だ。今日は臨時のシェルター建設も始まったよ。正確にはスレマン県のジェンガラ避難所でね、この臨時住居は竹の基礎、トタン屋根で、36平方mの大きさだ。この建設にはインドネシア政府、民間ボランティア団体、そしてその土地の市民が関わっている。
b0090333_193641100.jpg
b0090333_19365372.jpg

 しばらくの間、僕らKODOMOプロジェクトはこの活動には参加せずに、物資の必要なメラピ山麓の被災者たちのバックアップをしていくよ。赤ん坊の栄養補給と被災者たちの食材サポートだ。今日は被災者にコラッ・カチャンヒジョウ(赤豆とココナツミルクをつかったインドネシアのゼンザイ)とおかゆを差し入れしたんだ。現地で面倒がないように、調理したものをもっていったんだ。これなら子供たちにとっても栄養があっていいだろう。
b0090333_19372468.jpg

 緑、今日はバリ在住の君の友達、カフェ・アンカサから150万ルピアの義援金が僕の口座に入っていたよ。感謝しているよ。どうもありがとう。

★我々KODOMOプロジェクトの活動がインドネシアで発行の『じゃかるた新聞』に掲載されました。

 本日はインドネシアにて、UBUD在住のコテッチャン(カフェ・アンカサ)よりチャハヨへ直接の義援金振込を確認しました。「UBUD本の交換会」で皆さんから義援金募ってくれたとのこと。コテッチャンと参加者の皆様どうもありがとうございました!

「KODOMOプロジェクト:Merapi Eruption 2010」
では今も皆様のご支援の気持ちをお預かりしています。義援金は以下までお送りください。

三菱東京UFJ銀行 藤ヶ丘支店(普)0441439 
広田緑

ルピアで送金される方は、
宛名 Cahyo Inda Wahono
銀行名 BCA(Bank Central Asia)
支店名 Ahmad Dahlan Yogyakarta
口座番号 1691754923
電話番号 (0274)886655
までお願いいたします


お送りいただいた義援金は、確認出来次第このブログ上で報告します。

by midoriart | 2010-11-23 19:38 | メラピ火山噴火