Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

11月17日◇ムラピ火山噴火・救援活動レポート12

11月17日午後3時30分チャハヨから届いたメールより。

 (昨日まで体調を壊していたが)幸運なことに、今日はもう救援本部へ行くことができたよ。
 今日は昨日に続いてまだイスラム聖日のために犠牲の牛やヤギを捌いたから美味しい炊き出しを作ることができた。

 避難所では、絵描きのボランティアさんたちが来てくれたから、子供たちにお絵かき学校のプログラムを作ったよ。メラピ火山が噴火してるところを描く子、熱雲に覆われて崩壊した村の様子を描く子もいた。そして感動したのは、村の子供たちがいかにバ・マリジャン(メラピ火山の守り人として、ジョグジャカルタ王からも一目置かれていた聖翁。今回のメラピ噴火で犠牲となった)のことを慕っていたかがわかったことだ。たくさんの子供がバ・マリジャンの顔に色を塗ることを選んだよ。
b0090333_1947832.jpg
b0090333_19465984.jpg

b0090333_1947318.jpg
※子供たちにとっても心のよりどころだったメラピの守り人、バ・マリジャン


 さっきは女性警官たちのサービスにも大喜びだったよ。警察の車に乗ってぐるぐる回ったんだ、こんなこと想像もしてなかった子たちだから、このアイデアにはみんな嬉しそうだった。
b0090333_1948442.jpg


 メラピ火山の活動はかなり落ち着いてきて、自分の家に戻れる人も増えたんだが、昨日話したように現場の整備がまったく進んでいないんだ。すぐに食材もなくなるから芋を食べるしかない。なにせ物資不足な住民がメラピ火山の麓にたくさんいるから、物資が行き渡らないんだ。
 村に戻った住民の話では、まだ放置されたままになっている家畜の死骸が腐って異臭を放っているそうだ。できるだけ早いうちに、僕らで死骸の処理活動をしようと思っているよ。埋めるか、焼くかしなくちゃいけないだろう。ほっておいたら感染のもとになるからね。まだまだやることは多いよ」

チャハヨ・インダ(KODOMOプロジェクト:Merapi Eruption 2010代表)


本日「KODOMOプロジェクト:Merapi Eruption 2010」の活動のために振込みくださった方は、ウチダ セイコさん、オキハシ ミチコさん、GARUDAインドネシア名古屋支店インドネシア・コーナーと土師チヒロさん。皆様の暖かいお気持ち、責任をもってジョグジャカルタへ届けます。感謝。

「KODOMOプロジェクト:Merapi Eruption 2010」
では今も皆様のご支援の気持ちをお預かりしています。義援金は以下までお送りください。

三菱東京UFJ銀行 藤ヶ丘支店(普)0441439 
広田緑

ルピアで送金される方は、
宛名 Cahyo Inda Wahono
銀行名 BCA(Bank Central Asia)
支店名 Ahmad Dahlan Yogyakarta
口座番号 1691754923
電話番号 (0274)886655
までお願いいたします


お送りいただいた義援金は、確認出来次第このブログ上で報告します。

by midoriart | 2010-11-17 19:51 | メラピ火山噴火