Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

10月29日◇メラピ火山噴火:現場からのメール3

■10月28日夕方

 今日のメラピ火山はまぁまぁ晴天で、わずかに噴火の溶岩などが崩れたりしたくらいで、それも居住区までは届いていない。ムラピ火山の活動自体はまだ注意警報が出たままだから、危険エリアの住民はまだ避難所から家に戻ることはできないでいる。
 Mbah Marijan(メラピ火山の守人)の遺体は今朝19人の遺体と共に埋葬されたよ。
今日の活動といえば、犠牲者たちが所有していて同じように犠牲になった牛の処理だったよ、もうすでに腐敗臭がすごいことになっている。
 避難所のコンディションもますます大変なことになっているよ、今日の夕方降った雨が一層状態を悪くしている。
 今朝送った写真のように、まるで被災地は映画「サイレントヒル」の不毛な砂漠地帯のようになっている。僕たちボランティアは今もまだまだみんなからのサポートを必要としている。被災者たちのすべてが早く健康な状態を取り戻し、働くことができるように、祈っていてほしい。

Cahyo Inda Wahono

■10月29日

 おはよう、緑。今日のメラピはまた腹の中身を吐き出しているよ。正確には昨日の夜から活動が始まった。
高温の噴煙はカリウラン周辺の居住地に向かって降ったから、今日の犠牲者捜索はいったん中止しているんだ。まだ安全な状態ではないからね。
 本当はまだ捜索しなければならない人が二人いる。住民の情報によると、噴火前に牛の食用草を取りに山に入った人が今もまだ安否の確認が取れていないんだ。
昨晩もジョグジャを4.2スカラの地震が襲った。今回ウォノサリ周辺で起きた地震は地層のズレが原因で、ムンタウェイ地震の影響らしい。そしてこの一連の地震が、メラピ火山の噴火活動につながったと専門家は言っている。
 避難民たちは相変わらずで、救援物資もまだまだ均一には届いていない。今日は火山の噴火煙が避難所のテント内にはいってきて大変だよ・・・。

Cahyo Inda Wahono
by midoriart | 2010-10-29 19:03 | メラピ火山噴火