Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

10月24日◇廣田緑展OPENING

 ついに東京は日暮里、HIGURE 17-15 casでの個展が始まった。展示は10月23日から始まったのだけれど、オーナーの都合により、オープニングパーティは24日夜となった。東京に来てから一度も降ったことのない雨が、オープニングの時間を狙ったかのように降り出して寒い。


b0090333_19311319.jpg 会場の入り口にあたる一階の展示。ここには「交換プロジェクト」の日本編が並ぶ。


b0090333_19315492.jpg オープニングに合わせてキレイな蘭の花が届いたと思ったら、なんと演出家の宮本亜門さんから!亜門さんとはバリで知り合い、玉城の家にも泊めていただいた仲。超ハードなスケジュールのため、帰国してもなかなか会えないけれど、最後に会ったのは去年の夏だったか。
 今日はヨーロッパへもっていくミュージカルのリハの日で、本人が来られないからということでこんな素敵なお花が届いた。どうもありがとうございます~~~♪♪


b0090333_19431876.jpg オープニングには、私がインドネシア料理を準備した。スタンダードに温野菜のサラダGADOGADO(ガドガド)と、サテ・アヤム(焼き鳥)。決め手はピーナツソースだから、これさえ美味しければ万事OK。
 HIGUREの廣田展担当である高橋さんが、しっかりインドネシアのビール、ビンタンまでオーダーしてくださったから、テーブルはもうインドネシア一色になった。


b0090333_19361847.jpg HIGUREの建物の中でも、もっとも味のある空間は地下にある。フィリピンで交換してきた1000個の交換物は、この部屋に展示している。この暗さを利用して、ドキュメントビデオも上映。


b0090333_1937224.jpg この「ヒト」は私が交換プロジェクトとしてアジア諸国のお年寄りと作品交換するようになった最初から使っているフォルム。半漁人という人もあれば、ペンギンと呼ぶ人もいる。私は常に「ヒト」と呼んでいる。今回は会期中に日本のお年寄り70人とこれを交換してもらう予定。


b0090333_19385497.jpg バリでの古い友、Sさんも来てくれた。Sさんがいるわ、インドネシア料理はあるは、ビンタンビールはあるはで、いったいここがどこなのか、一瞬わからなくなる。
 亜門さんの共通のお友達で、ガラス・アーティストである今日太さんも来てくれた。懐かしい人と会えるのは、いつもオープニングの醍醐味。皆さん、本当に雨の中、ありがとうございました!
 その他にも、写真を一緒に撮れなかった皆さん、本当にありがとうございました!

 HIGURE 17-15 casでの展示は11月23日まで続く。
by midoriart | 2009-10-24 19:29 | Art