Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

10月2日◇スマトラ地震続報

 今までインドネシアと関わった日本の知人が、今回の大地震のことを心配して連絡をくださる。ジャワ島から遠く離れた場所、さらに私自身が10月半ばには個展のため日本へ出発することもあり、何も動きを起こす事はできないけれど、早くもジョグジャ在住のパダン出身アーティストたちが、被災地へボランティアを送ったり、義援金集めの活動を始めた。


b0090333_1702594.jpg 今日の新聞から関連記事を。
『死者1100人?空港と港は無事、燃料緊急』
 パダン、パリアマン地震の現場では、崩れた鉄筋ビルから救出作業が進行中。1日18時現在、緊急センター記録で遺体袋390袋、なおも遺体の搬入が続く。アンバチャン・ホテルからは昨日、生存者2人、遺体6体を収容したが、なお100人余が未収容。LIA外語校にも30人が下敷きの模様。
 福祉調整相公式サイトで529人死亡。空港と港は無事。軍は軍用機3機、戦艦7隻、ヘリ1機、医療班68人のほか、周辺支所から救援部隊を続々と投入。電力公社も修理班27人と変電機3基を急送。燃料は18時間分しかなく、医療薬/器具や食品と共に急務。



b0090333_1725932.jpg 『ジャンビ州の地震では500戸が倒壊』
 1日8時52分、隣のジャンビ州でも7度の地震。震源地はスマトラ西海岸より陸地に入った南緯2.44度、東経101.59度の地下10km。「パダン地震とは震源が別」と気象庁。
 被害最大はKERINCI県GUNUNG RAYA郡の16カ村。民家500戸が倒壊、20学校も破損。地震のショックから心臓発作で1人死亡、12人が重傷。


b0090333_174997.jpg
『地震は自然の摂理』
「パダン地震はユーラシアプレートの下にインド豪州プレートが潜り込んだスマトラ-ジャワ・サブダクション・ラインのうち、メンタウェイ・メガスラストの東端に発生。
 ジャンビ地震はスマトラ断層で、発生原理が違う」とインドネシアの科学院。
「地震対策は」との問いにたいしては、
「地震は自然の摂理。災害は人間の仕業。地盤の弱い地に構造の弱い鉄筋を建てる人間が悪い。自然の摂理に沿って設計せよ」
とのこと・・・


b0090333_175399.jpg 昨晩のTVニュースでは、瓦礫に挟まれた犠牲者を助けようにも、大型機械がないために瓦礫をのけることができず、そのままになっている様子も映し出されていた。
 瓦礫の下でまだ生存している人たちは、水をもらったりしながら、救出を待っていた。そんなときに雨が降り、救助も困難らしい。おそらく犠牲者の数はまだまだ増えるだろう。家族を失った人たちの悲しみも大きい。

 今日、日本からは国際緊急隊(コッキン)が出発したとのこと、少しでも多くの人命救助につながることを祈る。
by midoriart | 2009-10-02 17:08 | Indonesia