Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

6月8日◇近況オムニバス

★ヒトつくり
 今年インドネシアで3箇所、最後に東京を巡る個展『Memory of Asia~お爺ちゃんの時代~』はジャカルタ会場、バンドン会場での会期を終えて現在中休み。交換プロジェクトで使用した小作品もついにすべて交換が終わった。

b0090333_11512534.jpg 東京会場では、谷中銀座周辺のお爺ちゃん、お婆ちゃんとも交換プロジェクトを実施するので、このためにまたヒト制作を始めた。今までに使ってきたヒトとほぼ同じで、サイズが若干小さい。使用する陶土も前より赤みのあるものを使うことにした。今回はこのオリジナル「ヒト」に加え、新しく祈る「ヒト」も制作中。

b0090333_11521323.jpg ジョグジャで陶の作品を作るときに使っているのが北部カリウランにある工房。陶の仕事してる人ってなんだか好きだ。寡黙で仕事熱心で。最終的な細部の仕上げは集中したいから自宅のスタジオへ持って帰るのだけれど、模りや粗彫りはいつもここで職人の皆さんに混じってやっている。


★Gibson Les Paul customed by MidoriついにTV登場!

b0090333_11525983.jpg「デワ・ブジャナのギターfeat.Midori Hirota」で完成したギターがついにTVで登場した。デワブジャナがギターをつとめるインドネシアの人気バンドGIGIは最近15周年を迎え、記念アルバムと本を出版したばかり。だからTVにも出っぱなしで新曲のプロモーションをしているのだ。ちょうどいいタイミングで私がギターに絵を描いたものだから、ブジャナはほぼ毎回の出演にこのギターを使ってくれている。 ついには、GIGIのファンたちからも「Gibson Midori」という呼ばれ方をするようになってるからまた嬉しい。

b0090333_1153273.jpg TVに映ってる画像って撮影難しいんだよな。こんなふうにしか撮れないんだけど、とにかくブジャナのソロ演奏になると必ずアップで映るからそのタイミングが嬉しい。インドネシアの音楽番組はほとんどが生放送なので、TVに出たらすぐ彼に携帯メッセージを送って
「今日もハッキリ映ったよ~」
と報告することにしている。
 私はこのギター、完成させてジャカルタで渡したっきりで、実際に彼が弾いてる様子は生で見たことがない。いつかジョグジャのライブにこれもってきて弾いてくれたらいいなぁ・・・。


★満月のバリ
 毎年1度バリで仕事がある。愛知県犬山市にある野外民族博物館に展示してあるバリ島貴族の家の飾り布の発注と発送の仕事だ。リトルワールドでは毎年夏休みの時期に、家中に飾ってある布を新しい一式と取り替えるのだ。

b0090333_11535662.jpg 今回は満月に重なったので、久しぶりに家族と一緒に町内の寺院へお参りに行った。
バリ・ヒンドゥーでは満月、新月と、バリの暦の大切な日に寺院へ詣でる。これは日常の基本的な聖日で、それ以外にもっともっとたくさんの重要な日があるもんだから、ガイドブックでは「ほぼ毎日のようにお供え物を持っていく人を見かける」という説明になる。でも本当にそのとおり。
お供え物は聖水で清められ、うちに持って帰れば、もう神様のお下がりだから、人間が食べてもいい。私はいつもこのお下がりを楽しみにしてるから、バリの家族から
「お前は子供か」と笑われる。お下がりの中で好きなのは揚げせんべいとココナツ菓子。

b0090333_11542792.jpg これは私が兄貴と呼んでる元木彫りの先生の妻。私より若いんだけど、バリではなぜかこのムプが私の母代わり。冷え込む日には水浴びじゃ寒いだろうと湯を沸かしてくれるのも、私が起きるとすぐにコーヒー作ってくれるのもムプ。


 だからバリではホッとする。ジョグジャの一人暮らしもそれはそれで気楽でいいけど、バリのこの家族との時間もまた楽しい。今回は仕事に加え9月の個展の打ち合わせもあったりしてあと3日はバリ滞在。
by midoriart | 2009-06-08 11:47 | Indonesia