Culture & Art Report from INDONESIA


by midoriart

GIGIライブ:The Stones are Still Rolling

b0090333_20162834.jpg ジャカルタの展覧会場入り2日目。準備は順調。
 なのでGIGIの15周年記念、『The Stones are Still Rolling』の報告。
(コンサート会場は昨年末にできたばかりのXXI Ballroom)


 スゴイなぁ、本当にすごい。何がすごいって出演者。
GIGI(ギギ)15年間の業績を祝い、「時の人」が彼らの名曲を歌い、GIGIの4人はそれを観客席側から見てるという第一部。このメンツがすごい。インドネシアの歌謡界にさほど詳しくない私でも知ってるインドネシアを代表するバンドのボーカルが全員集まったって感じ。

b0090333_20141333.jpg NidjiのGiring、NaifのDavid、rifのAndy、SlankのKaka、PeterpanのAriel、UnguのPasha、PadiのFadliに最近私のお気に入りバンドThe ChangcutersからもTriaが呼ばれている。みんなソロでライブやったってかなりの観客が集まるレベルの人たちばっか。これを生でまとめて見れたってのは、なんだか私が10数年インドネシアで暮らしてきたことに対する、インドネシアからのお駄賃のようにも思える。
(NaifのDavid)


b0090333_20145379.jpg GIGIの名曲が次々に流れ、私は大興奮。でも今回の会場は昨年10月にできたばかりのかなり高級感漂う会場で、招待客たちは緊張してるのかなんだか、誰一人立ち上がるほどには盛り上がっていない。気づいたら私一人が立ち上がって踊っていたのだけれど、それに気づいて途中から着席するのも悔しいから、その後もずっと立って踊り続けてやった。それでこそコンサートでしょうが。
(SlankのKaka、この人もかなりの大御所。やっぱりオーラが違ってた)


b0090333_20154078.jpg 有名どころが1曲ずつ歌ったところで第2部、GIGIのヒストリーブック出版記念イベントに。そう15周年の今年、彼らは今までの歴史を一冊の本にまとめたのだった。今日はこのら運賃愚、新アルバムの発表を兼ねている。2部では過去GIGIのメンバーだった数人も招かれ、ステージでは昔話などに花が咲く。
 ここでアルマンがGIGIを代表して今回のイベント関係者に謝辞を述べ始めた。何気に聞いていたら、
「そして日本からきてくれたミドリ…」
名前呼んでくれてる!!! またまた年を忘れて叫んで立ち上がってしまった。ま、日本からわざわざ来てるわけじゃないけどね。でも謝辞に入るとは光栄、ありがとうございます。


b0090333_20172869.jpg そしてこの後、待ちに待ったGIGIの新曲披露~!!!
運良く昨日彼らの練習を聴いていたから、みんながまだ知らない新曲もなんとなくメロディを知っている。どこがノリ場かわかってる。最後までしっかり躍らせていただきました~…。


b0090333_20175545.jpg 感動さめきらぬまま、ライブが終わったのは午前0時だった。こんな大きなイベントを終えて忙しいだろうに、デワ・ブジャナは私の携帯電話に今晩のお礼と、次回はもっとゆっくり時間を作って会おうというメッセージを送ってきてくれた。なんていい人なんだろう。
(ライブの最後に、過去のメンバーも入れて記念撮影)


 いやーーー…本当にレベルの高いライブを見させてもらった。やっぱりGIGIはすごい。今でも若い世代の神様的存在バンドであるってのがわかる。
そして翌日デワ・ブジャナはまたメッセージをくれた。
「ミドリ、GIGIは今日から5日までスマトラ公演なんだ。次回はゆっくり会おう」
ジャカルタ会場での個展は4月20日まで。作品撤収の時期にうまくスケジュールが会ってまた会えることを祈るばかりだ。
明日からは2日の開会式に向けて、集中して作品設置するぞっ。
by midoriart | 2009-03-31 23:12 | Jakarta